日本のクラフトスピリッツ「焼酎・泡盛」の楽しみ方を伝える「Discover Japanese Craft Spirits」開催

ロサンゼルス領事館、JETROロサンゼルス、ジャパン・ハウスの共催で日本のクラフトスピリッツである焼酎・泡盛の紹介と新しい楽しみ方を伝えるイベント「Discover Japanese Craft Spirits」が1月31日にジャパン・ハウスで行われた。

当日は千葉明ロサンゼルス総領事からのご挨拶や海部優子ジャパン・ハウス館長からの話があり、その後Mutual Trading Co Inc.の上野俊男氏から焼酎・泡盛の蒸留方法や味わい方などのレクチャーが行われ、当日参加したレストランのバーデンダーからはカクテルのデモンストレーションもあった。

 

 

参加者はアルコール度数が強いお酒にも関わらず各種銘柄を順番にテイスティングして味の違いや飲みやすくなったカクテルを楽しみ華やいだイベントとなった。

焼酎は日本で人気の蒸留酒で、過去5世紀にわたり、主に九州南部で作られるものが有名である。焼酎はサツマイモ、大麦、米、黒糖など様々な成分で作られている。 2018年ロサンゼルス国際スピリッツコンペティションに参加日本の蔵元は、ベスト焼酎アワードを受賞し、スピリッツ部門で総合3位を獲得した。

泡盛は主に沖縄で生産され、焼酎のように長い歴史がある。製造にはタイ米と黒麹菌を使用し独特の常圧蒸留法のためにりんごまたはバナナに似たフルーティーな香りを持っている。 3年以上熟成させたヴィンテージ泡盛は、クース(古酒)と呼ばれ、甘くてしっとりとしたバニラのような香りを持つ。クースは、アルコール度数が40%を超えても、強いアルコールの香りがなくまろやかな味わいとなっている。

2月1日から28日まで「Japanese Craft Spirits Month」と題してロサンゼルス各地のレストランや販売店で焼酎・泡盛キャンペーンが行われている。レストランなどでは焼酎や泡盛でアレンジしたカクテルを提供する。また随時興味を持った店舗は参加することが可能。提供レストランや販売店、又は参加希望の申し込みは下記のURLで確認できる。

■詳細:https://www.japanesecraftspirits.com/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る