徳島県人会
ニューヨークで「阿波踊りワークショップ」参加者を募集中

日本が誇る三大盆踊りの一つといえば、徳島県の阿波踊り。徳島県人会はハリー西谷会長のもと、この阿波踊りをマスターする「阿波踊りワークショップ」に長年取り組んできた。これまでは毎年4月にワークショップを開催していたが、多数の要望を受け、今年は2月中旬から4月中旬までの2カ月間、毎週開催される。

参加者は、2カ月の特訓の成果を4月21日開催の「阿波踊りスーパーワークショップ」で披露するとともに、同日結成予定の「ニューヨーク連」の中核メンバーとなる。ニューヨーク連は、今後のニューヨークにおける郷土芸能の紹介などに寄与するほか、企業、各種団体などのイべントに積極的に参加し、ニューヨークの住民に阿波踊りの楽しさを伝えていく。

踊り子のほか、大太鼓、小太鼓、鉦、三味線など、楽器演奏に興味のある人も募集している(稽古時間は踊りの稽古時間と異なる)。約400年の歴史ある日本の阿波踊りを、ニューヨークで浸透させるサポートをしたい有志を絶賛募集中だ。

問い合わせ、参加希望者は下記まで。
徳島県人会会長 ハリー西谷
■メール:ny.tokushima.kenjinkai@gmail.com
■電話:201-670-4298
ワークショップの日程と場所は、申込者に直接連絡します。
どちらの稽古も費用はかかりません。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2019-1-22

    「がんの見落とし」を防ぐ新サービス〜日本帰国時の検診〜

    がんの治癒は早期発見が決め手 日本人の2人に1人ががんになる時代。あなたは健診を受けていますか? ...
  2. 2017-10-1

    心の病 相談室

    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  3. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  4. 2016-9-4

    第40回 ロールモデル

    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  5. 2016-11-17

    「この映画を作れば 捕鯨は理解してもらえる、という一心」

     和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る