徳島県人会
ニューヨークで「阿波踊りワークショップ」参加者を募集中

日本が誇る三大盆踊りの一つといえば、徳島県の阿波踊り。徳島県人会はハリー西谷会長のもと、この阿波踊りをマスターする「阿波踊りワークショップ」に長年取り組んできた。これまでは毎年4月にワークショップを開催していたが、多数の要望を受け、今年は2月中旬から4月中旬までの2カ月間、毎週開催される。

参加者は、2カ月の特訓の成果を4月21日開催の「阿波踊りスーパーワークショップ」で披露するとともに、同日結成予定の「ニューヨーク連」の中核メンバーとなる。ニューヨーク連は、今後のニューヨークにおける郷土芸能の紹介などに寄与するほか、企業、各種団体などのイべントに積極的に参加し、ニューヨークの住民に阿波踊りの楽しさを伝えていく。

踊り子のほか、大太鼓、小太鼓、鉦、三味線など、楽器演奏に興味のある人も募集している(稽古時間は踊りの稽古時間と異なる)。約400年の歴史ある日本の阿波踊りを、ニューヨークで浸透させるサポートをしたい有志を絶賛募集中だ。

問い合わせ、参加希望者は下記まで。
徳島県人会会長 ハリー西谷
■メール:ny.tokushima.kenjinkai@gmail.com
■電話:201-670-4298
ワークショップの日程と場所は、申込者に直接連絡します。
どちらの稽古も費用はかかりません。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る