多摩美術大学校友会ニューヨーククラブが「HAFH XV展」開催

多摩美術大学校友会ニューヨーククラブが、2019年9月20日から、天理ギャラリーで「ホーム・アウェイ・フロム・ホーム第15回展(以下HAFH展)」 を開催する。

多摩美術大学校友会ニューヨーククラブは2003年に発足し、今年で16周年。今では会員はニューヨークのトライステイトエリア在住者を中心に、日本からの加入者も含め100名を超える規模となっている。今回の展示会では、そのうち20名が参加。

「ホーム・アウェイ・フロム・ホーム」は「故郷を離れた故郷」 という意味で、このタイトルには二つの意図がこめられている。一つは、故郷から離れた生活の中で私たちが後にしてきた「日本」をより意識し、自己のアイデンティティを自覚すること。もう一つは、ニューヨークという世界のアートマーケットの中心での研鑽がもたらす、みずからの殻を破るような創造の成果の発表を目指すことだ。

2004年から始まり、今回で15回目となるHAFH展には毎年さまざまなアーティストが集まり、それぞれの手法や主題を自由に発表するオリジナリティ溢れる作品展だ。今年は、先頃急逝したアーティスト兼デザイナーで、本クラブのメンバーでもあった上田優子さんの回顧展を同時開催する。色鮮やかな色彩とさまざまな技法を駆使した抽象表現の中に、溢れ出る詩的表現とその豊かな感性に惹きつけられる。

さらに今回は、「RGB Experimental Music Laboratory」というイメージから音楽を作るソフトウエアを用い、参加者の作品を題材とした音楽を制作してオープニングレセプションで発表する。

「ホーム・アウェイ・フロム・ホーム XV」
多摩美術大学校友会ニューヨーククラブ第15回展

■開催期間:2019年9月20日(金)〜10月3日(木)
月〜木曜12:00-6:00pm、土曜12:00-3:00pm、金・日曜休
※9月20日(金)6:00-8:00pmオープニングレセプション
※10月3日(木)最終日は3:00閉館
■会場:天理ギャラリー(43A West 13th Street, New York, NY 10011)
■詳細:www.tamabiny.com 

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る