シンガーソングライターあがた森魚、NYでライブイベント開催

1972年、『赤色エレジー』で電撃デビューを果たしたシンガーソングライターあがた森魚が、9月29日にニューヨーク・マンハッタンのプロデューズクラブでスペシャルイベントを開催する。テーマは「モーションピクチャーショウ 〜佐藤敬子先生を探して〜」。

2017年、みずからの45年の音楽史を語るべく、制作を開始したドキュメンタリー映画『佐藤敬子先生を探して』。森魚の探究心を執拗に駆り立てる担任佐藤敬子は、羨望と畏怖だった。小学1年生の森魚に驚愕の世界観を見せつけ、わずか2年の間で幼い心に「自分を表現する」種を蒔き、今もなお創作の水源であり続ける。

永遠の恩師を探し求め行き着いた場所は、奇しくも音楽活動の原点と言えるボブ・ディランが言葉を綴ったニューヨーク。今この時、この場所で、あがた森魚は、今は亡き佐藤敬子に語りかける。ほとばしる映像、むき出しの言葉、そして現在のありのままのあがた森魚のライブ音楽で綴る90分ライブ。

今回は、ラジオ・パーソナリティ役の末永ジュンがあがた森魚をゲストに迎えるラジオトークショーという形で進行。現在制作中のドキュメンタリー映画『佐藤敬子先生を探して』の一部の上映、あがたのライブ演奏と映像のコラージュ、二人のトークで構成される。演奏曲は『佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど』『赤色エレジー』ほかを予定。

あがた森魚 モーションピクチャーショウ 〜佐藤敬子先生を探して〜
■開催日時:2019年9月29日(日)
     昼公演 2:30pm開場、3:00pm開演
     夜公演 6:30pm開場、7:00pm開演
■会場:Producers Club, The Grand theater (358 W 44th St, New York, NY, 10036)
■チケット:一般$20(前売)・$25(当日)、学生$15(前売)・$20(当日)
■購入先:https://bit.ly/2m3bBmR

あがた森魚
1948年9月12日北海道生まれ。1972年デビュー曲『赤色エレジー』で一躍時代の寵児に。時代とともに常にニューウェーブで尖端的なオリジナル音楽表現を続けている。代表曲に『うる星やつら』のエンディングテーマにもなった『星空サイクリング』(ヴァージンVS〈’82〉)、『春の嵐の夜の手品師』(’85)、『いとしの第六惑星』(’85)、タンゴを独自表現した『バンドネオンの豹』(’87)、『佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど』(’01)など。劇場公開作品3本を監督、俳優、執筆でも活躍。2011年以降『2010年代ロック』をモチーフに10年間連続の意欲的なオリジナルアルバムを毎年リリース。2019年、NYと日本を拠点にレコーディング、Blank FormsやMmuseummなど主催のイベントへ出演。

あがた森魚公式ウェブサイト: http://www.agatamorio.com
Twitter:@DargelosAgt
Facebook:agatamorio1

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  2. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  3. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  4. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  5. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  6. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  7. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  8. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
ページ上部へ戻る