【リポート】JAPAN HOUSE Los Angelesで「群馬ヴィーガン・プロジェクト」イベントを開催

群馬県からさまざまなヴィーガン食材が集結

2020年2月26日(水)、JAPAN HOUSE Los Angelesで「群馬ヴィーガン・プロジェクト」のイベントが開催された。

群馬県は、こんにゃくの生産量が日本一。そのほかにも多品目の野菜が豊富に産出されている。そんな群馬県が、近年海外で増加を続けているベジタリアンやヴィーガンといった「食の多様性」に注目し、インバウンドの受け入れを目的に立ち上げたのが「群馬ヴィーガン・プロジェクト」だ。

これまでヴィーガン対応のセミナーを開催したほか、海外からヴィーガンのシェフを2度招致。群馬県産のヴィーガン食材の価値を知ってもらうとともに新たなヴィーガンレシピの開発を行い、メニューの普及を進める活動を行ってきた。

日本食の発信力が非常に高いロサンゼルスでのPRイベントは、同プロジェクトにおける海外での初めてのイベントとなる。

JETRO Los Angeles所長、瀧統さんによる開会の挨拶

当日は群馬県から、OKM(おからパウダー、グルテンフリー麺等を製造)、グリーンリーフ(オーガニックこんにゃく製品を製造)、プレマ(オーガニック小松菜、オーガニック小松菜パウダーを製造)、北毛久呂保(ユニークなこんにゃく製品を製造)の4社が参加。各社が手がける食材の生産方法から料理の際のアレンジ方法まで商品のPRを行った。

また当日は、群馬県で結婚式などのイベントを請け負う施設「ホワイトイン高崎」の料理長・荒井一樹さん、そしてプラントベースのメニューやレシピを研究・開発するテストキッチン&コンサルティングサービス「The Spice Bandit」のシェフ・Kajsa Algerさんが特別協力。群馬県産の食材を使った新たなヴィーガン料理を披露し、試食会が行われた。

Kajsa Algerさんにより振る舞われたヴィーガン料理。Little Bites(左上)、Truffled Cauliflower Croquette, tempura fried(右上)、Komatsuna Takos(左下)、Key Lime Tart(右下)

荒井一樹さんによるヴィーガン料理。Sushi a la mode(左上)、Vegan “Pork” Cutlet(右上)、Vegan “Tonkotsu” Ramen(左下)、Spaghetti Miso Bolognese(右下)

会場には、当日群馬県から訪れた事業者4社を含む約15社の商品を陳列。食関連のビジネスに携わる多くの来場者が商品を手に取り、質疑応答やネットワーキングで賑わった。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  2. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  3. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
  4. 気温の上昇とともに紫外線量も多くなる春先は、メラニンが過剰に生成され、日焼け、シミ、そばかす...
  5. 2021年4月6日

    じゃあ、またね
    私たちは皆それぞれ趣味を持っている。コロナ禍の巣ごもり生活の間に、鉢植えやベランダ菜園を始め...
  6. No.1 グレイシャー国立公園 Glacier National Park モンタナ州 ...
  7. 今、「代替食品」への関心が世界中で急速に高まっている。今回、一個人の探究心から始まり、斬新な...
  8. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
ページ上部へ戻る