【リポート】JAPAN HOUSE Los Angelesで「群馬ヴィーガン・プロジェクト」イベントを開催

群馬県からさまざまなヴィーガン食材が集結

2020年2月26日(水)、JAPAN HOUSE Los Angelesで「群馬ヴィーガン・プロジェクト」のイベントが開催された。

群馬県は、こんにゃくの生産量が日本一。そのほかにも多品目の野菜が豊富に産出されている。そんな群馬県が、近年海外で増加を続けているベジタリアンやヴィーガンといった「食の多様性」に注目し、インバウンドの受け入れを目的に立ち上げたのが「群馬ヴィーガン・プロジェクト」だ。

これまでヴィーガン対応のセミナーを開催したほか、海外からヴィーガンのシェフを2度招致。群馬県産のヴィーガン食材の価値を知ってもらうとともに新たなヴィーガンレシピの開発を行い、メニューの普及を進める活動を行ってきた。

日本食の発信力が非常に高いロサンゼルスでのPRイベントは、同プロジェクトにおける海外での初めてのイベントとなる。

JETRO Los Angeles所長、瀧統さんによる開会の挨拶

当日は群馬県から、OKM(おからパウダー、グルテンフリー麺等を製造)、グリーンリーフ(オーガニックこんにゃく製品を製造)、プレマ(オーガニック小松菜、オーガニック小松菜パウダーを製造)、北毛久呂保(ユニークなこんにゃく製品を製造)の4社が参加。各社が手がける食材の生産方法から料理の際のアレンジ方法まで商品のPRを行った。

また当日は、群馬県で結婚式などのイベントを請け負う施設「ホワイトイン高崎」の料理長・荒井一樹さん、そしてプラントベースのメニューやレシピを研究・開発するテストキッチン&コンサルティングサービス「The Spice Bandit」のシェフ・Kajsa Algerさんが特別協力。群馬県産の食材を使った新たなヴィーガン料理を披露し、試食会が行われた。

Kajsa Algerさんにより振る舞われたヴィーガン料理。Little Bites(左上)、Truffled Cauliflower Croquette, tempura fried(右上)、Komatsuna Takos(左下)、Key Lime Tart(右下)

荒井一樹さんによるヴィーガン料理。Sushi a la mode(左上)、Vegan “Pork” Cutlet(右上)、Vegan “Tonkotsu” Ramen(左下)、Spaghetti Miso Bolognese(右下)

会場には、当日群馬県から訪れた事業者4社を含む約15社の商品を陳列。食関連のビジネスに携わる多くの来場者が商品を手に取り、質疑応答やネットワーキングで賑わった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-5-1

    お悩み解決! 健康食品・サプリ・日用品

    疲労回復 サトウ製薬 ユンケル 疲れを感じた時にググッと飲み干す日本ではお...
  2. 2018-1-3

    全米中から熱視線 大谷翔平、エンゼルス入団

    エース投手で4番打者というのは少年野球や高校野球ではよくあるパターンだが、プロ野球やメジャー...
  3. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  4. 2019-6-4

    短期集中連載 第3回 続・ポジティブ皮膚科学のススメ 皮膚とにおい

    今回は、皮膚とにおいについてお伝えします。 まずは加齢臭ですが、これは皮脂腺から分泌さ...
  5. 2017-11-3

    REPORT 乳がん早期発見啓発セミナー Part2

    「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る