【リポート】Japan House Los Angelesで焼酎セミナーを開催

2020年2月24日(月)、在ロサンゼルス日本国総領事館、JETROロサンゼルス、ジャパンハウス・ロサンゼルスの共催により、焼酎に関するイベント「Savor Japanese Craft Spirits!」レセプションが開催された。同レセプションは、アメリカではまだ認知度の低い日本の伝統的な蒸留酒、焼酎と泡盛について知識を深めてもらうためのイベント。

当日はメーカーやバーテンダー、有識者をはじめ、ビジネス関係者など多くの来場者が集まり、会場は賑わった。会場では日本各地からの焼酎や泡盛、バーテンダーによるユニークなカクテルなどの試飲が行われ、意見交換が活発に行われた。

また、焼酎に関するセミナーも開催。年々アメリカへの輸出量が増え、認知度も少しずつ高まりつつある焼酎について、その原料や造り方、特徴、種類、日本酒との違いや泡盛との類似性などが解説された。また、日常でも取り入れられるような水との割り方やフードペアリングなども紹介。さらには、砂糖を使わない焼酎が血液循環に良いことなど、健康効果についても指摘された。

当日は、ロサンゼルスで焼酎の普及活動に従事する「LA焼酎会」も参加しており、「意外と泡盛の人気が高かった。参加者のみなさんはお酒に関するビジネスに従事しているだけあり、焼酎の知識もあって、認知されていることを感じた」と感想を述べた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-2-7

    第111回 犬の毛色

    犬の毛色で、人間に一番人気のない色は何色か知っていますか? 答えは、黒。黒犬大好き!な人たち...
  2. 2017-8-5

    第106回 Dementia(認知症)

     愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  3. 2018-3-6

    第58回 待っているものがある

     テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  4. 2016-11-2

    第97回 The Sato Project

     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  5. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る