象印とBANDAI NAMCOによるコラボ 「象印xパックマン™」限定ステンレスマグが新発売

調理家電・魔法瓶メーカーの象印がBANDAI NAMCO Entertainment America Inc.とタッグを組み、長年人気のビデオゲームキャラクターであるパックマン™の限定ステンレスマグを発売する。2種類のステンレスボトルにはそれぞれ懐かしい定番ゲームのキャラクターのデザインが施されており、全米各地の小売店および象印オンラインストアで販売が開始された。

象印アメリカの山田登胤副社長は「わたしの世代にとってパックマン™はとても馴染みのあるゲームです。子供の時、そして大人になってからもパックマン™で遊んできたわたしたちにとって、この商品は夢のようなコラボレーションです。ゲームが何世代にも渡って楽しまれるように、象印ではステンレスマグなどのエントリーレベルの商品から、上級者向けの本格的な料理をご家庭で気軽に調理できる商品まで幅広くお届けしています」と述べている。

BANDAI NAMCO Entertainment America Inc.、パックマン™のライセンシング部門シニアダイレクターのデニス・リー氏は「難しい迷路を走り抜けながらクッキー、フルーツ、さらにはイジケモンスターを食べ続ける元気いっぱいのパックマンは、PAC-tivity(アクティビティ)の後に爽やかな飲み物を必要とします。これを読んでいる皆様にも今回発売する「象印Xパックマン™」マグにお好みの飲み物を入れて水分補給をしながらイキイキとPAC-tive(アクティブ)に毎日を過していただきたいと思っています」と話す。

象印アメリカでは、昨年同じくポップアイコンであるハローキティ®とのコラボレーション商品からの大きな反響を受け、今回新たにBANDAI NAMCO Entertainment America Inc.とのコラボを決定。当限定コレクションは、アメリカ合衆国、カナダ、中南米での販売となる。

 

ステンレスマグ (SM-SHE48PA)について
優れた真空断熱技術を活用した象印のステンレスマグに可愛らしいパックマン™がフィーチャーされた、ステンレスとブラック2種類のデザイン。高品質18/8ステンレスを採用、軽量でコンパクトな本商品の容量は16オンス(480mL)。誤ってふたが開いて飲み物が漏れるのを防ぐ安心ロック、飲み物がスムーズにでてくるエアーベント構造飲み口、BPAフリーのプラスチック、容器内面は手入れがしやすいフッ素コート加工を採用している。メーカー希望小売価格は57ドル。

BANDAI NAMCO Entertainment America Inc.について
パックマン®を始め、ギャラガ®、鉄拳シリーズ®、ソウルキャリバー®、エースコンバット®シリーズなど数々のビデオゲームタイトルを保有し、ビデオゲーム機器、iOS、アンドロイド、オンラインプラットフォーム向けのインタラクティブエンターテイメントを提供するバンダイナムコグループの子会社であるBANDAI NAMCO Entertainment America Inc.は、NARUTO-ナルト- 疾風伝™、ドラゴンボール Z®、ワンピース®など、世界的なアニメを元にしたゲームを開発、販売している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る