トレンドのくすみカラーを採用 ステンレス真空2重キャリータンブラー2種類が新登場

調理家電・魔法瓶メーカーの象印が自分のスタイルで選べる2つの密封ぶたを採用したステンレスキャリータンブラーを発売した。持ち運びに便利なハンドル付きSX-JA型、そして手軽に飲めるフリップオープンタイプのふたを採用したSX-KA型で、どちらも使いやすさにこだわるデザインのタンブラー。

持ち運びに便利なハンドル付き(SX-JA30/40)

高品質18/8ステンレスを採用し、これまでの象印の商品と同様に耐久性やデザイン性に優れた商品で、真空2重構造が冷たい飲み物は冷たく、熱い飲み物を入れても外側が熱くなりにくく、飲み頃の温度を長時間キープする。

テンレスキャリータンブラーは持ち運びやすいハンドルタイプのふたは「せん」と「パッキン」が一つになった「シームレスせん」を採用。ウォータリーグリーン、ヴィンテージローズ、フォグブルー、フォレストグレーの4色を、11オンスと14オンスの2サイズで展開し、メーカー希望小売価格はそれぞれ$48.50、$49.50。

簡単に開閉できるフリップタイプ (SX-KA30/40)

フリップオープンタイプのふたを採用したSX-KA型は簡単にオープンできるフリップタイプで、誤ってふたが開いて飲み物が漏れることを防ぐ安心ロックが付いている。洗いやすい「シームレスせん」は密閉でき、ふたに水滴が溜まりにくい設計になっている。「SlickSteel®ステンレス」の内面は、においや汚れを防ぎます。ヴィンテージローズ、シナモンベージュ、フォレストグレーの3色を11オンスと14オンスの2サイズで展開されます。3月より販売を開始し、メーカー希望小売価格はそれぞれ$55、$56です。

いずれの商品も「シームレスせん」を採用。飲み物が漏れにくく手入れも簡単にでき、電解研磨を施した「SlickSteel®ステンレス」の内面は、においや汚れを防いでくれる。いずれの商品も象印オンラインストアから購入できる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る