アメリカでも「ホワイト・デー」広まる?! ニューヨーク「Eleni’s」の特製クッキー

 1997年創業、ニューヨーク、チェルシー・マーケットの中にあり、日本からの観光客が好んで立ち寄る店「Eleni’s New York」(*詳細はこちら)が、「3月14日はホワイト・デー」として、ギフトにぴったりな特製クッキーやカップケーキを販売している。26.95〜29.95ドル。

Courtesy of Eleni's New York

Courtesy of Eleni’s New York

 バターをたっぷり使ったシュガークッキーと、アイシング、文字などを書き込める楽しさが、人気の秘密。

 アメリカでは、まだホワイト・デーに男性が女性に「お返し」する、という習慣は定着していないが、Eleni’sは、日本、韓国、台湾などで定着しているとして、理由や意味、ギフトの種類などを紹介もしている。

Courtesy of Eleni's New York

Courtesy of Eleni’s New York

■チェルシー・マーケットの店舗(75 Ninth Avenue at 15th Street, NYC)
■オンライン購入:www.ELENIS.com

Courtesy of Eleni's New York

Courtesy of Eleni’s New York

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  2. 2019-1-14

    RHEON U.S.A.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構える食品自動生産機械の販売会社RHEON U.S.A.のプレ...
  3. 2019-6-5

    第68回 好きなこと

    美しいものは、私たちを慰めてくれる。揺れる気持ちを静めたい時は、私は好きな1曲を聴く。バイオ...
  4. 2017-8-1

    必勝ガイド 就職&転職

    2017年の米国就職市場 US JOB MARKET  就職活動と一口にいっても、日...
  5. 2019-10-4

    第78回 SATにはコツがある?

    ニナの友人の一人は「SAT1600点満点で1580点を取った。でも教育熱心な母親からは、なぜ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る