日本製鋼板に反ダンピング税 〜 中国製も、ITCが被害認定

 独立機関の米国際貿易委員会(ITC)は22日、日本と中国で製造された鋼板が国内で不当に安く販売され、国内企業に被害を与えていると認定した。中国製品については中国政府による補助金が価格を引き下げていることも認定した。これで商務省が課税方針を決めていた反ダンピング(不当廉売)税が実際に適用されることになった。

 税率はJFEスチールや新日鉄住金など日本メーカーの製品が71.35%、鞍鋼集団香港(Angang Group Hong Kong)、本渓鋼鉄(Benxi Iron and Steelなどの)中国製が反ダンピング税265.79%に輸入関税256.44%を加えた522.23%。

 自動車など幅広い用途がある冷延鋼板の輸入が中国などから急増し、国内の販売価格が大幅に下がっている。USスチール、AKスチールなどの米鉄鋼メーカーが昨年7月に被害を訴え、調査した商務省がこの5月に課税方針を決定していた。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-8-14

    Shop Airlines, Ltd. アメリカのビジネスは、今

    日本最大級の海外ショッピングサイト「セカイモン」を運営するShop Airlines, Lt...
  2. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  3. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...
  4. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  5. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る