排ガスゼロ車の構成比15%に〜カリフォルニア州で法案提出へ

 2025年までにカリフォルニア州内で販売される車の15%を排ガスゼロ車(ZEV)にするよう義務付ける法案が、近く同州議会で提出される見通しとなっている。
 
 ロイター通信によると、オータム・バーク州下院議員は、州が現行のZEV目標をクリーンカー・クレジットではなく実際にZEVで達成するためには新しい法律が必要だと強調する。
 
 「ジェリー・ブラウン知事は、25年までに州内で150万台の電気自動車(EV)を走らせるという野心的な目標を設定しているが、実際に行動を起こさなければ目標には近づけない。そのために州内で販売される全ての車の15%をZEVにする規制改革が必要。クレジットではなくクリーン・カーで実現するのが要点」と、バーク議員は話している。同議員は今週、こうした規制を17年末までに導入するようカリフォルニア大気資源局(CARB)に義務付ける法案を提出する予定。
 
 CARBはZEV制度を管理し、州内のZEVが現在約20万台に到達したことにも貢献しているが、専門家によると複雑なクリーンカー・クレジット・システムがメーカーへの過剰なクレジット供与につながっている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る