学費融資をP2Pでオンライン化〜ソーシャル・ファイナンスに台頭機会

 オンライン学費融資サービスを提供するソーシャル・ファイナンス(Social Finance)は、数社のベンチャー・キャピタル(VC)から総額7720万ドルを調達した。同社は新規調達した資金を元手に、全米の大学向けにサービスを拡張する考えだ。

 同社は1年前にサンフランシスコで起業されたばかりだが、すでに1億7700万ドルの投資を調達している。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ソーシャル・ファイナンスのサービス・モデルは、ピア・ツー・ピアまたはグループ・ツー・グループと呼ばれるもので、個人や団体を結びつけることで、学生向け融資サービスのオンライン市場を提供する… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る