建物スキャンで隙間を検出〜新興企業エセスがデータベーを構築へ

 建物や住宅の窓やドアに隙間が生じることで電力が浪費される問題を解決するために、新興企業が建物の温度を示す巨大なデータベースを構築しようとしている。

 クリーンテクニカによると、米国では、暖房や冷房に費やされる電力の40%近くが隙間によって失われていると言われる。建物の隙間を検出する方法は存在するが、現行のやり方は手間がかかるため、安価かつ大規模に普及させることが難しい。

 新興企業のエセス(Essess)は、グーグル(Google)のストリート・ビューと同じような取り組みによって、カメラを搭載した車で道路を走りながら住宅や商業建物の熱を高速スキャンする… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る