カンザス・シティー、有数のスマート都市に 〜街灯制御や駐車最適化で省資源化

 ミズーリ州カンザス・シティーは、全米でもっとも先進的なスマート都市の一つとして台頭している。
 
 同市は4年前に、毎秒1000メガビットの高速インターネット接続サービス「グーグル・ファイバー」を住民に提供し、その後もさまざまのスマート都市機能を追加している。
 
 デジタル・トレンズ誌によると、同市のスマート都市化は「『ストリートカー』の建設から始まった」と、同市のボブ・ベネット最高革新責任者は話す。ストリートカーは、2016年5月に開業した鉄道。「必要な線路と電力の基幹設備を整備する際に、スマート都市の基幹設備を同時に整備した」。
 
 現在、市内328ヵ所に公共ワイファイ・アクセス・ポイントが設置されているほか、それらに接続された情報キオスクが25ヵ所にある。また、街灯は、歩行者の量に応じて明るさを変え、省電力化を可能にした。
 
 ただ、そういった設備の整備はスマート都市の本質ではない、と同氏は話す。「すぐれたスマート都市を実現するには、戦略的にデータを収集し、それを活用する必要がある」。
 
 同市では、各種の検知器から集めた情報をリアルタイムで視覚化するライブ地図を活用している。「渋滞の発生している場所を把握して回避したり、空き状況を見て駐車スポットを選んだりすることができる」とベネット氏は説明する。それによって、燃料消費量や二酸化炭素排出量の削減につながる。
 
 【http://www.digitaltrends.com/cool-tech/kansas-smart-city/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る