カンザス・シティー、有数のスマート都市に 〜街灯制御や駐車最適化で省資源化

 ミズーリ州カンザス・シティーは、全米でもっとも先進的なスマート都市の一つとして台頭している。
 
 同市は4年前に、毎秒1000メガビットの高速インターネット接続サービス「グーグル・ファイバー」を住民に提供し、その後もさまざまのスマート都市機能を追加している。
 
 デジタル・トレンズ誌によると、同市のスマート都市化は「『ストリートカー』の建設から始まった」と、同市のボブ・ベネット最高革新責任者は話す。ストリートカーは、2016年5月に開業した鉄道。「必要な線路と電力の基幹設備を整備する際に、スマート都市の基幹設備を同時に整備した」。
 
 現在、市内328ヵ所に公共ワイファイ・アクセス・ポイントが設置されているほか、それらに接続された情報キオスクが25ヵ所にある。また、街灯は、歩行者の量に応じて明るさを変え、省電力化を可能にした。
 
 ただ、そういった設備の整備はスマート都市の本質ではない、と同氏は話す。「すぐれたスマート都市を実現するには、戦略的にデータを収集し、それを活用する必要がある」。
 
 同市では、各種の検知器から集めた情報をリアルタイムで視覚化するライブ地図を活用している。「渋滞の発生している場所を把握して回避したり、空き状況を見て駐車スポットを選んだりすることができる」とベネット氏は説明する。それによって、燃料消費量や二酸化炭素排出量の削減につながる。
 
 【http://www.digitaltrends.com/cool-tech/kansas-smart-city/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る