大富豪スリム氏もEVに参入〜メキシコ製モデル販売へ

 2016年のフォーブス世界長者番付で4位に挙げられているメキシコの富豪カルロス・スリム氏が、電気自動車(EV)市場への参入を図っている。
 
 インサイドEVによると、氏の金融サービス会社インバーサ(Inbursa)の傘下にあるジャイアント・モーターズ(Giant Motors、メキシコシティ)は、2018年の販売開始を目指してメキシコ人向けのメキシコ製EVの開発を進めている。
 
 スリム氏にはメキシコの自動車産業を再生させる力があり、ジャイアントのEV事業が成功すればメキシコ以外でもEV市場の新しい勢力になる可能性がある。ジャイアントのエリアス・マッサリ中南米担当CEOは「新しいメキシコ製のEVを開発中で、メキシコで生産するだけでなく、メキシコ消費者のニーズを満たすためのデザインやスタイルを用いる」と話している。
 
 製造は、世界最大の製パン事業を持つ食品大手グルポ・ビンボ(Grupo Bimbo)の子会社モルデックス(Moldex)との合弁事業が担当する。17年中には試作モデルを公開し18年には販売を開始する予定で、まずは大気汚染が深刻なメキシコシティ向けの電動タクシーとして展開する計画。
 
 ジャイアント・モーターズは、環境に優しい国産の選択肢としてこの事業を促進するため、政府に支援と協力を求めている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る