スペイン支援問題先送り 条件めぐり溝埋まらず

 【共同】欧州連合(EU)のユーロ圏諸国は14日、ニコシアで財務相会合を開き、資金調達に苦しむスペインの支援問題を協議したが、結論を先送りした。圏内の大国である独仏などには市場安定のため救済計画を早期にまとめるべきだとの声があるが、支援にあたってユーロ圏側から構造改革などで新たな条件を課されることを避けたいスペインとの間で溝が埋まらなかった。

 スペインのデギンドス経済相は会合で、今月末までに追加の財政緊縮策をまとめる方針を表明した。自ら財政再建努力を… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る