11社がMシティーに1100万ドルを投資へ 〜自動運転車試験施設の模擬市街

 自動車製造大手らを含む計11社は、ミシガン大学が進める自動運転車試験施設のMシティー(Mcity)に今後3年間で総額1100万ドルを投資する。
 
 投資する11社は、フォードやGM、ホンダ、トヨタを筆頭に、デルファイ、デンソー、 ベライゾン、インテル、LG、ステイト・ファーム・ミューチュアル自動車保険、そして エコノライト(Econolite)。
 
 デトロイト・ニュースによると、自動車メーカーや部品供給業者は、自社の自動運転技術の実証を目指し、インテルは車載チップの開発を強化し、それ以外の会社らは交通管理システムとそれに関する通信網技術を提供する。
 
 「自動運転車社会の実現に向けて自動車業界と技術業界、通信業界の収束が加速している」とデトロイト商工会議所のグレン・スティーブンス代表は指摘する。
 
 Mシティーは、自動車の無線通信機能や無人車の新技術を試験するために構築された 模擬市街(市街を模してつくられた実物大かつ実験用の町)で、アナーバーにあるミシガン大学ノース・キャンパスのなかにある。
 
 今回の投資発表は、ミシガン州イプシランティ市にあるアメリカン・センター・フォー・モビリティー(American Center for Mobility=ACM)に韓国現代が500万ドルを投資することを表明した1週間後に明らかになった。ACMには、フォードとトヨタがそれぞれ500万ドルを投資している。
 
 Mシティーとミシガン大学の輸送研究所(Transportation Research Institute)が次世代車の研究に投じる投資総額は、2020年までに1億ドルを超える見通しだ。
 
 【http://www.detroitnews.com/story/business/autos/mobility/2017/10/31/mcity-car-test-site-gets-boost-industry/107210346/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る