eスポーツの米広告売上高、20年までに2億ドル超か

デジタルゲームを使った競技カルチャーいわゆる「eスポーツ」の米国における広告売上高は、2019年に前年比25%増の1億7800万ドルとなり、20年には2億1400万ドルを超えるという予想を、市場調査eマーケター(eMarketer)が発表した。

ロイター通信によると、eマーケターが米国のeスポーツやゲーム関連の予想を発表したのは初めて。eスポーツのファンは若く、ITに精通し、裕福な人が多く、ビール会社からコンピューターメーカー、住宅ローン会社、スポーツアパレルメーカーまで、あらゆる分野のブランドがeスポーツファンを標的に広告展開を計画している。

ゲーム業界分析のニューズー(NewZoo)は2月の調査報告書で、19年のeスポーツ業界の世界売上高は、広告、スポンサーシップ、メディア権といった部門が大幅に伸びて前年比27%増の11億ドルになると予想した。

eマーケターによると、米国では月に1回以上eスポーツのイベントを見る人が19年に18%以上増えて3030万人になる見込みで、各業界の市場戦略担当者は 「League of Legends」や「Overwatch」といったさまざまなゲームでプロのゲーマーが戦うのをライブ視聴するファンの気を引こうとしている。

現在、視聴の媒体はユーチューブ(YouTube)とツイッチ(Twitch)が大部分を占め、視聴者数は23年までに50%増えて4620万人に達する見通し。eマーケターの主席アナリスト、ポール・バーナ氏は「かつてはあまり知られていなかったeスポーツも今では大規模なビジネスになっており、ゲーム開発者、プレイヤー、リーグ、チーム、ライブ会場、ストリーミング・プラットフォーム、テレビのネットワーク、観客、マーケターに影響を与えている」と話している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-5-27

    ガラパゴスの旅〜前編

    1日目 キト ↓ バルトラ島 ↓ サンタクルス島  飛行機がバルトラ空...
  2. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  3. 2017-3-4

    第148回 レンタカーを借りる時の保険

     旅行や商用でレンタカーを借りる機会があると思いますが、保険はどうしていますか? 自分の自動車保険が...
  4. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  5. 2017-1-1

    新春スペシャル 旅行のプロに聞く 南北アメリカの絶景スポット

    Canada オーロラベルト直下イエローナイフ 幻想的なスペクタクルショー  オー...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る