eスポーツの米広告売上高、20年までに2億ドル超か

デジタルゲームを使った競技カルチャーいわゆる「eスポーツ」の米国における広告売上高は、2019年に前年比25%増の1億7800万ドルとなり、20年には2億1400万ドルを超えるという予想を、市場調査eマーケター(eMarketer)が発表した。

ロイター通信によると、eマーケターが米国のeスポーツやゲーム関連の予想を発表したのは初めて。eスポーツのファンは若く、ITに精通し、裕福な人が多く、ビール会社からコンピューターメーカー、住宅ローン会社、スポーツアパレルメーカーまで、あらゆる分野のブランドがeスポーツファンを標的に広告展開を計画している。

ゲーム業界分析のニューズー(NewZoo)は2月の調査報告書で、19年のeスポーツ業界の世界売上高は、広告、スポンサーシップ、メディア権といった部門が大幅に伸びて前年比27%増の11億ドルになると予想した。

eマーケターによると、米国では月に1回以上eスポーツのイベントを見る人が19年に18%以上増えて3030万人になる見込みで、各業界の市場戦略担当者は 「League of Legends」や「Overwatch」といったさまざまなゲームでプロのゲーマーが戦うのをライブ視聴するファンの気を引こうとしている。

現在、視聴の媒体はユーチューブ(YouTube)とツイッチ(Twitch)が大部分を占め、視聴者数は23年までに50%増えて4620万人に達する見通し。eマーケターの主席アナリスト、ポール・バーナ氏は「かつてはあまり知られていなかったeスポーツも今では大規模なビジネスになっており、ゲーム開発者、プレイヤー、リーグ、チーム、ライブ会場、ストリーミング・プラットフォーム、テレビのネットワーク、観客、マーケターに影響を与えている」と話している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る