eスポーツの米広告売上高、20年までに2億ドル超か

デジタルゲームを使った競技カルチャーいわゆる「eスポーツ」の米国における広告売上高は、2019年に前年比25%増の1億7800万ドルとなり、20年には2億1400万ドルを超えるという予想を、市場調査eマーケター(eMarketer)が発表した。

ロイター通信によると、eマーケターが米国のeスポーツやゲーム関連の予想を発表したのは初めて。eスポーツのファンは若く、ITに精通し、裕福な人が多く、ビール会社からコンピューターメーカー、住宅ローン会社、スポーツアパレルメーカーまで、あらゆる分野のブランドがeスポーツファンを標的に広告展開を計画している。

ゲーム業界分析のニューズー(NewZoo)は2月の調査報告書で、19年のeスポーツ業界の世界売上高は、広告、スポンサーシップ、メディア権といった部門が大幅に伸びて前年比27%増の11億ドルになると予想した。

eマーケターによると、米国では月に1回以上eスポーツのイベントを見る人が19年に18%以上増えて3030万人になる見込みで、各業界の市場戦略担当者は 「League of Legends」や「Overwatch」といったさまざまなゲームでプロのゲーマーが戦うのをライブ視聴するファンの気を引こうとしている。

現在、視聴の媒体はユーチューブ(YouTube)とツイッチ(Twitch)が大部分を占め、視聴者数は23年までに50%増えて4620万人に達する見通し。eマーケターの主席アナリスト、ポール・バーナ氏は「かつてはあまり知られていなかったeスポーツも今では大規模なビジネスになっており、ゲーム開発者、プレイヤー、リーグ、チーム、ライブ会場、ストリーミング・プラットフォーム、テレビのネットワーク、観客、マーケターに影響を与えている」と話している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る