オスプレイ19日安全宣言 首相、合同委案了承

 【共同】野田佳彦首相は18日、米軍新型輸送機MV22オスプレイの国内運用に際し、低空飛行訓練時の高度制限を柱とする安全確保策について、森本敏防衛相と玄葉光一郎外相から官邸で報告を受け了承した。安全策は19日午前、外務、防衛当局者らによる日米合同委員会で米側と正式合意。その後、森本、玄葉両氏が官邸でそろって記者会見し、日本政府として「安全宣言」を発表する方針だ。

 米海兵隊はオスプレイを一時駐機している岩国基地(山口県岩国市)での試験飛行を週内にも… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る