原子力規制委19日発足 事故1年半ようやく刷新

 【共同】 東京電力福島第1原発事故を受け、原子力の安全規制を一元化した新組織「原子力規制委員会」が19日、発足する。初代委員長には、田中俊一・前原子力委員会委員長代理が就任。事故から約1年半がたち、原子力の安全規制の仕組みがようやく刷新される。

 規制委は、従来の規制を基本指針から全面的に見直すほか、原発再稼働の判断基準づくりや原発の40年運転制限への対応など、山積する難題に取り組む。福島第1原発の収束作業や廃炉にも積極的に関与し、住民の放射線被ばくの… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る