厳戒下、125都市でデモ 「反日」再び大規模化

 【共同】日本政府による沖縄県・尖閣諸島国有化に抗議する中国の反日デモは、満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件から81年の18日、厳重な警備の中、北京の日本大使館前や上海の日本総領事館近くなど少なくとも125都市で行われた。北京と上海のデモは11日の国有化以降、8日連続。

 参加者は上海約1万7千人、北京と広東省広州が各約1万人、遼寧省瀋陽約8千人と大規模化。投石などもあり、瀋陽の日本総領事館の窓ガラス約70枚が割られた。

 尖閣諸島の魚釣島に邦人男性2人が18日に上陸し、中国外務省の洪磊副報道局長は… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る