対抗措置の可能性に言及 中国国防相、日米けん制

 【共同】新華社電によると、訪中しているパネッタ米国防長官は18日、梁光烈国防相と会談した。梁氏は会談後の共同記者会見で、日本政府による沖縄県・尖閣諸島国有化をめぐり「さらなる行動を起こす権利を留保している」として対抗措置を取る可能性に言及。米国が尖閣を日米安保条約の適用対象としていることにも「断固反対する」と日米をけん制した。

 これに対しパネッタ氏は「(双方が)冷静で自制的な対応をし、外交を通じた平和的手段で解決することを望む。衝突は誰の利益にもならない」と慎重な対応を要請。梁氏は「平和的対話を通じた解決を望んでいる」と述べ、日中の対立激化に… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る