必需品以外の倉庫保管停止 ~ アマゾン、日用品など優先

  • 2020年3月19日

オンライン小売最大手アマゾンは17日、新型コロナウイルス対策で生活必需品の需要が高騰しているため、米英などの流通センターでは4月5日まで必需品以外の商品を受け取らないと発表した。必需品のためのスペースを確保するのが目的。

ロイター通信によると、アマゾンの今回の動きは、ウイルスの世界的流行が小売業界の供給網から配達まで広範囲に生み出している困難な状況の反映といえる。同社は17日、同社サイトに商品を掲示する外部販売業者(サードパーティーセラー)に送った書簡で、オンラインショッピングの需要は高まっていると指摘。必需品や医療用品の在庫が薄くなる中、ベビー用品、健康・家庭用品、パーソナルケア関連商品、食料品、工業関連商品、ペット用品など特定の商品に優先順位を付けて「迅速に受け取り、補充し、出荷する」方針を伝えた。

この新しい方針は、自社の在庫とサードパーティーの商品両方に適用される。 アマゾンは16日、新型ウイルスの感染拡大によって通販需要が増えていることを理由に、米国で10万人を新規雇用すると発表した。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-1-4

    Shinano Kenshi Corporationアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...
  2. 2016-11-23

    海外在住日本人は購入できない! 「ジャパン・レール・パス」の利用資格が一部変更

    JRグループは観光目的で日本を訪れる外国人旅行者が、日本中を鉄道で旅行できる「ジャ...
  3. 2017-3-3

    これぞアメリカ?! 「The Founder」

    誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...
  4. 2017-6-1

    2017 知っておくべき アメリカ移民法最新事情

    永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...
  5. 2018-6-6

    第61回 弱みを無くす

    語弊があるかもしれないが、ざっくばらんに言って、動物の世界が弱肉強食であるように、人間世界も...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る