バイデン氏、トランプ大統領に勝利 ~ トランプ陣営、集計不正を理由に法廷闘争を検討か

ジョー・バイデン民主党候補(前副大統領)がドナルド・トランプ共和党候補(現職大統領)に勝利した、と米報道各社が7日昼前(米東部時間)に速報した。

ワシントン・ポストは、「バイデン、トランプを破る」「ハリス、米国初の有色人女性副大統領当選者として歴史をつくる」「トランプ、法的措置を示唆」と報じた。

ニューヨーク・タイムズは、「バイデン、トランプを破る」「ハリス、米史上初の女性副大統領当選者に」と報じ、ウォール・ストリート・ジャーナルは、「ジョー・バイデン、米国の第46代大統領に」「カマラ・ハリス、初の女性副大統領に」「トランプ、敗北を認めず」と報じた。

今回の開票では、郵便投票が非常に多かったため集計に時間がかかり、さらに、ペンシルベニアやジョージア、ノース・カロライナ、ネバダ、アリゾナで大接戦となって、開票率が90%を超えた6日でも当確が判明しなかった。

しかし、激戦州のなかで選挙人票(electoral votes)がもっとも大きいペンシルベニア州で、3日夜の開票直後からずっと劣勢だったバイデン氏が猛追し、7日になって当確が出た。

当選するには、全州およびワシントンDCの選挙人の合計538の過半である270を取る必要がある。バイデン氏は前日の時点で264を獲得し、トランプ大統領は213~214だった。

昨夜の時点では、ペンシルベニアとジョージア、ノース・カロライナ、ネバダ、アリゾナがどちらを選ぶのか不明だった。バイデン氏が当選を決めるには、選挙人の数がもっとも小さいネバダの6票を取るだけでよい状態だった。トランプ大統領が再選を果たすには、それら残りの激戦州すべてで勝利する必要があった。

7日朝になると、ペンシルベニアとネバダがバイデン氏の当確を出し、ジョージアとノース・カロライナ、そしてアリゾナの集計経過を待たずして、バイデン氏の選挙人票獲得数が270を超えて当確が決まった。

トランプ大統領は7日朝、バイデン氏の当選速報が報じられる前にゴルフに出かけ、バイデン氏の勝利速報を知ると、「票の集計に不正がある」「集計結果を受け入れない」「選挙はまだ終わっていない」と同日午後に話した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  2. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  3. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
  4. 気温の上昇とともに紫外線量も多くなる春先は、メラニンが過剰に生成され、日焼け、シミ、そばかす...
  5. 2021年4月6日

    じゃあ、またね
    私たちは皆それぞれ趣味を持っている。コロナ禍の巣ごもり生活の間に、鉢植えやベランダ菜園を始め...
  6. No.1 グレイシャー国立公園 Glacier National Park モンタナ州 ...
  7. 今、「代替食品」への関心が世界中で急速に高まっている。今回、一個人の探究心から始まり、斬新な...
  8. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
ページ上部へ戻る