バイデン氏、トランプ大統領に勝利 ~ トランプ陣営、集計不正を理由に法廷闘争を検討か

ジョー・バイデン民主党候補(前副大統領)がドナルド・トランプ共和党候補(現職大統領)に勝利した、と米報道各社が7日昼前(米東部時間)に速報した。

ワシントン・ポストは、「バイデン、トランプを破る」「ハリス、米国初の有色人女性副大統領当選者として歴史をつくる」「トランプ、法的措置を示唆」と報じた。

ニューヨーク・タイムズは、「バイデン、トランプを破る」「ハリス、米史上初の女性副大統領当選者に」と報じ、ウォール・ストリート・ジャーナルは、「ジョー・バイデン、米国の第46代大統領に」「カマラ・ハリス、初の女性副大統領に」「トランプ、敗北を認めず」と報じた。

今回の開票では、郵便投票が非常に多かったため集計に時間がかかり、さらに、ペンシルベニアやジョージア、ノース・カロライナ、ネバダ、アリゾナで大接戦となって、開票率が90%を超えた6日でも当確が判明しなかった。

しかし、激戦州のなかで選挙人票(electoral votes)がもっとも大きいペンシルベニア州で、3日夜の開票直後からずっと劣勢だったバイデン氏が猛追し、7日になって当確が出た。

当選するには、全州およびワシントンDCの選挙人の合計538の過半である270を取る必要がある。バイデン氏は前日の時点で264を獲得し、トランプ大統領は213~214だった。

昨夜の時点では、ペンシルベニアとジョージア、ノース・カロライナ、ネバダ、アリゾナがどちらを選ぶのか不明だった。バイデン氏が当選を決めるには、選挙人の数がもっとも小さいネバダの6票を取るだけでよい状態だった。トランプ大統領が再選を果たすには、それら残りの激戦州すべてで勝利する必要があった。

7日朝になると、ペンシルベニアとネバダがバイデン氏の当確を出し、ジョージアとノース・カロライナ、そしてアリゾナの集計経過を待たずして、バイデン氏の選挙人票獲得数が270を超えて当確が決まった。

トランプ大統領は7日朝、バイデン氏の当選速報が報じられる前にゴルフに出かけ、バイデン氏の勝利速報を知ると、「票の集計に不正がある」「集計結果を受け入れない」「選挙はまだ終わっていない」と同日午後に話した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  2. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  3. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  4. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  5. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  6. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  7. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  8. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
ページ上部へ戻る