バイデン氏、トランプ大統領に勝利 ~ トランプ陣営、集計不正を理由に法廷闘争を検討か

ジョー・バイデン民主党候補(前副大統領)がドナルド・トランプ共和党候補(現職大統領)に勝利した、と米報道各社が7日昼前(米東部時間)に速報した。

ワシントン・ポストは、「バイデン、トランプを破る」「ハリス、米国初の有色人女性副大統領当選者として歴史をつくる」「トランプ、法的措置を示唆」と報じた。

ニューヨーク・タイムズは、「バイデン、トランプを破る」「ハリス、米史上初の女性副大統領当選者に」と報じ、ウォール・ストリート・ジャーナルは、「ジョー・バイデン、米国の第46代大統領に」「カマラ・ハリス、初の女性副大統領に」「トランプ、敗北を認めず」と報じた。

今回の開票では、郵便投票が非常に多かったため集計に時間がかかり、さらに、ペンシルベニアやジョージア、ノース・カロライナ、ネバダ、アリゾナで大接戦となって、開票率が90%を超えた6日でも当確が判明しなかった。

しかし、激戦州のなかで選挙人票(electoral votes)がもっとも大きいペンシルベニア州で、3日夜の開票直後からずっと劣勢だったバイデン氏が猛追し、7日になって当確が出た。

当選するには、全州およびワシントンDCの選挙人の合計538の過半である270を取る必要がある。バイデン氏は前日の時点で264を獲得し、トランプ大統領は213~214だった。

昨夜の時点では、ペンシルベニアとジョージア、ノース・カロライナ、ネバダ、アリゾナがどちらを選ぶのか不明だった。バイデン氏が当選を決めるには、選挙人の数がもっとも小さいネバダの6票を取るだけでよい状態だった。トランプ大統領が再選を果たすには、それら残りの激戦州すべてで勝利する必要があった。

7日朝になると、ペンシルベニアとネバダがバイデン氏の当確を出し、ジョージアとノース・カロライナ、そしてアリゾナの集計経過を待たずして、バイデン氏の選挙人票獲得数が270を超えて当確が決まった。

トランプ大統領は7日朝、バイデン氏の当選速報が報じられる前にゴルフに出かけ、バイデン氏の勝利速報を知ると、「票の集計に不正がある」「集計結果を受け入れない」「選挙はまだ終わっていない」と同日午後に話した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る