1型糖尿病の子どもと親をオンライン仮想ゲームで支援 ~ ロブロックス、非営利団体のJDRFと提携

ロブロックス(Roblox)は先日、糖尿病研究非営利団体のJDRFと協力し、仮想空間向けオンライン・ゲーム「JDRFワン・ワールド(One World)」の提供を開始した。ロブロックスは子どもと10代向けのビデオゲーム・サイトで、1億5000万人以上の利用者を持つ。

ベンチャービート誌によると、JDRFワン・ワールドは、1型糖尿病の子どもを持つゲーム開発者が2019年に立ち上げた慈善活動「JDRFゲーム2ギブ(JDRF Game2Give)」の一環として開発され、糖尿病の認知度向上と治療開発を支援することを目的とする。

JDRFワン・ワールドを「訪問する」には、コンピュータやスマートフォン、タブレットを使ってロボロックスで無料登録する必要がある。

新型コロナウイルスの感染拡大によって対面催事を開けなくなって以降、JDRFゲーム2ギブはゲーム・バンドルの慈善配信を行っている。

JDRFは、仮想空間の資金調達催事「JDRFワン・ウォーク(One Walk)」も展開する。迷路や糖尿病トリヴィア、綱引きといった1~5人用のオンライン・ミニ・ゲームを提供し、JDRFの特製Tシャツや帽子といった商品を優秀者らに提供している。

JDRFは、糖尿病研究に年間約2億ドルを投資しており、資金調達催事を定期的に開催している。

近年には、糖尿病患者とその家族の生活の質改善を目的に技術応用も進んでいる。たとえば、最新の血糖値モニターはインスリン・ポンプに接続されており、専用アプリケーションが血糖値レベルを監視し、必要に応じてインスリンが自動投与される。1型糖尿病の子どもの親たちはそれによって、頻回の血糖値検査から解放され夜間もぐっすり眠れるようになった、とJDRFゲーム2ギブの幹部でテルテール・ゲームズ(Telltale Games)の元CEOダン・コナーズ氏は述べた。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る