1型糖尿病の子どもと親をオンライン仮想ゲームで支援 ~ ロブロックス、非営利団体のJDRFと提携

ロブロックス(Roblox)は先日、糖尿病研究非営利団体のJDRFと協力し、仮想空間向けオンライン・ゲーム「JDRFワン・ワールド(One World)」の提供を開始した。ロブロックスは子どもと10代向けのビデオゲーム・サイトで、1億5000万人以上の利用者を持つ。

ベンチャービート誌によると、JDRFワン・ワールドは、1型糖尿病の子どもを持つゲーム開発者が2019年に立ち上げた慈善活動「JDRFゲーム2ギブ(JDRF Game2Give)」の一環として開発され、糖尿病の認知度向上と治療開発を支援することを目的とする。

JDRFワン・ワールドを「訪問する」には、コンピュータやスマートフォン、タブレットを使ってロボロックスで無料登録する必要がある。

新型コロナウイルスの感染拡大によって対面催事を開けなくなって以降、JDRFゲーム2ギブはゲーム・バンドルの慈善配信を行っている。

JDRFは、仮想空間の資金調達催事「JDRFワン・ウォーク(One Walk)」も展開する。迷路や糖尿病トリヴィア、綱引きといった1~5人用のオンライン・ミニ・ゲームを提供し、JDRFの特製Tシャツや帽子といった商品を優秀者らに提供している。

JDRFは、糖尿病研究に年間約2億ドルを投資しており、資金調達催事を定期的に開催している。

近年には、糖尿病患者とその家族の生活の質改善を目的に技術応用も進んでいる。たとえば、最新の血糖値モニターはインスリン・ポンプに接続されており、専用アプリケーションが血糖値レベルを監視し、必要に応じてインスリンが自動投与される。1型糖尿病の子どもの親たちはそれによって、頻回の血糖値検査から解放され夜間もぐっすり眠れるようになった、とJDRFゲーム2ギブの幹部でテルテール・ゲームズ(Telltale Games)の元CEOダン・コナーズ氏は述べた。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  2. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  3. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
  4. 気温の上昇とともに紫外線量も多くなる春先は、メラニンが過剰に生成され、日焼け、シミ、そばかす...
  5. 2021年4月6日

    じゃあ、またね
    私たちは皆それぞれ趣味を持っている。コロナ禍の巣ごもり生活の間に、鉢植えやベランダ菜園を始め...
  6. No.1 グレイシャー国立公園 Glacier National Park モンタナ州 ...
  7. 今、「代替食品」への関心が世界中で急速に高まっている。今回、一個人の探究心から始まり、斬新な...
  8. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
ページ上部へ戻る