追加緩和の可能性も 日銀、ゼロ金利は維持へ

 【共同】日銀は19日、金融政策決定会合の2日目の討議を始める。海外経済の減速が長期化し生産や輸出の回復が遅れており、景気下支えのため、4月以来となる追加金融緩和に踏み切る可能性がある。景気の現状判断引き下げも検討する。政策金利を0-0.1%とするゼロ金利政策は維持する見通し。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が14日に量的緩和第3弾(QE3)に踏み切ったことで… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る