漁業網の廃棄物再生でじゅうたんを製造

 じゅうたん製造大手のインターフェイス(Interface)は、海に廃棄された漁業網を漁師との協力によって回収し、じゅうたんとして再生利用している。グリーンビズ誌によると、タイルのように張り替えや継ぎ足しが可能なモジュラー式じゅうたんで知られる同社は、協力する漁師に収入源をもたらし、漁業組合との提携も結び、廃棄された漁業網の再生利用生態系を構築しようとしている。

▽持続可能性活動の先駆者

 インターフェイスは、2012年6月、「世界海洋の日」に合わせて、フィリピンの漁村との業務提携を試験的に立ち上げた。

 同社は、じゅうたんの再生利用原料含有率を高めるために様々な研究を進めている。現在、同社製品に占める再生利用繊維の含有率は平均40%、なかには再生利用原料だけで作られたじゅうたんもある。

 同社の創業者レイ・アンダーソン氏は、持続可能性の重要性に早くから注目した人物として知られる。1994年に社を挙げた持続可能性活動を… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る