消費者向けロボットの開発が活況

 サンフランシスコの湾岸地域(Bay Area)は現在、革新的なロボット技術の開発に湧いている。サンノゼ・マーキュリー・ニュース紙によると、工業用ロボットではなく消費者やサービス業向けにロボットを開発する新興企業が増えており、シリコン・バレーに新たな潮流が起きている。

▽シリコン・バレー・ロボティクス

 「湾岸地域のロボット技術業界はいま、非常に活況している」と話すのは、業界団体シリコン・バレー・ロボティクス(Silicon Valley Robotics)のアンドラ・ケイ氏だ。

 同氏によると、シリコン・バレー・ロボティクスには約40社のロボット技術関連新興企業が加盟し、試作品やアプリケーションの開発に注力しており、商用化間近の製品も… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る