日系車のリコール続出〜米メーカーには反撃の好機か

 品質の高さで売っていた日系自動車メーカーのリコール(回収・無償修理)が続き、米大手3社に反撃の好機を与えている。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、ホンダは最近、相次いで3件のリコールを発表した。トヨタも10日、パワーウィンドウのスイッチの不具合を理由に世界で743万台のリコールを申請して、両社のリコール台数は今月だけで約930万台に上っている。

 リコールが長期的な販売に影響を与えるとは限らないが、トヨタは2009〜10年に実施したアクセルやフロアマットに関する計1100万台の大規模リコールで失ったシェアをようやく取り戻しつつあり、ホンダもシェアが回復し始めたところだっただけに、今回のリコールは米メーカーやディーラーに付け入る隙を提供している。

 消費者は長年、トヨタ・カムリやホンダ・シビックに高い信頼を寄せ、これらには米メーカーの同等モデルより高い金を払ってもいいと考えてきた。コンシューマー・リポーツ(CR)誌やJDパワー&アソシエイツの品質および信頼性調査でも両モデルは高位を維持してきたが、近年はトヨタ、ホンダと他ブランドとの差が縮まっている。今月中に最新の信頼性調査結果を発表するCRは、これまでに「米メーカーの順位に大きな変化があった」と表明している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る