ディズニー・クルーズライン
バハマ4泊の旅 後編

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato) 取材協力/ミッキーネット

クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。

Matt Stroshane, Disney Cruise Line

Matt Stroshane, Disney Cruise Line

DAY3
キャスタウェイ・ケイ

●日の出6:35am/日の入り7:41pm
●天気 雨
●最高気温 摂氏26度
●本日のメーンイベント

8:30am 下船開始、キャスタウェイ・ケイ5Kランスタート
4:45pm 全員乗船
7:45pm 「Mickey’s Pirates in the Caribbean」ショー
10:30pm 「Buccaneer Blast Fireworks」ショー
●キャラクター・グリーティング
プルート、ミッキーマウス、キャプテン・ジャック・­­スパロウ、チップ&デール、グーフィー、ミニーマウス、スティッチ、ピーターパン、キャプテンフック&スミー、ティンカーベル、ドナルドダック
●映画上映
「Big Hero 6」「Cinderella」(アニメと実写版両方)「Into The Woods」
●ファミリー向けイベント
キャラクター・ダンス・パーティー、ゲームショー「A Pirate’s Life For Me」、ビンゴなど
●子供向けイベント
クッキング・クラス、パイレーツ仮装など
●大人向けイベント
ヨガ、ビール・テイスティング、ミクソロジー教室など

Kent Phillips, Disney Cruise Line

Kent Phillips, Disney Cruise Line


Matt Stroshane,  Disney Cruise Line

Matt Stroshane, Disney Cruise Line

●ディナー会場
「Palo」
大人専用のイタリアン・レストラン。ベニスをイメージした落ち着いた雰囲気の店内。広い窓から海を眺めつつ、ディナーができる。ローテーションのディナー会場とは別なので、予約が必要。クルーズ料金には含まれていないため、別途、サービスチャージや飲食費がかかる。人気のメニューは、シーフードとチョコレートのスフレ。ワインのセレクションも豊富。
ドリーム号にはもう1つ、予約の必要なレストラン「Remy」がある。こちらはディナーに2~3時間はかかる本格的なフランス料理。店名はディズニー&ピクサーのヒット映画「ラタトゥイユ」の主役の名前からとった。別途サービスチャージがかかる。

 ディズニーは、カリブ海の洋上に、島を所有している。それが「キャスタウェイ・ケイ」だ。ディズニーのクルーズに参加した人だけが上陸できる。
 4泊のバハマ・クルーズの見せ場、ともいうべき3日目が明けた。しかし、あいにく早朝から悪天候。目が覚めたときには船はすでにキャスタウェイ・ケイに接岸していたが、かなりの風雨であることは、波の荒さや海岸の木々の揺れぶりを見ればわかった。
 晴天なら、朝8時半には全員が島に上陸して、島を一周する5Kラン大会や、サイクリング、バーベキュー、ビーチでヨガ、といったイベントが、終日行われる予定だった。めげずに、ラン参加者のゼッケンをつけた人たちは、船内のデッキや長い通路を走ってはいたが…。
 9時半過ぎに小雨になったので、私を含め、かなりの人がビニールのポンチョをかぶって船を降り始めた。でもしばらく歩くといきなり雨脚が強くなり、結局船に走って引き返した。
 島でのアクティビティーは、すべて中止に。みんなさぞがっかりしているだろうと思いきや、ドリーム号のロビーは熱気むんむん。島で乗客を出迎えるはずだったディズニーのキャラクターたちが、次々にロビーに登場し、写真撮影やサインに応じているからだ。それに並ぶ人々の列が、何重にもなっていた。
 クルーズでは、毎晩、「パーソナル・ナビゲーター」という名の新聞が配られる。翌日の船内や船外のアクティビティーを記した時間割のようなものだ。ロビーを抜けて客室に戻ると、雨で中止になった船外のプログラムを補うように、船内での追加プログラムを列記した新しい新聞が、さっそくベッドの上に置いてあった。
 気持ちを切り替えて、船内の施設を楽しもう。11階にあるスパ&サロンで、ヨガ教室をやっている。スパ併設のフィットネスセンターの一角で、インストラクターが初心者にもやさしく教えてくれた。
 島のビーチでのヨガの解放感には及ばないだろうが、フィットネスセンターはガラス張りで海も島もよく見える。海の上を走っているような気分になれるからだろうか、ワークアウト・マシンも混んでいた。

 11時半ごろ、雨が弱まり、空もじゃっかん明るくなった。上陸してみようか。と思ったのは誰も同じで、下船口はかなり混み合った。
 島には、ファミリー向けのビーチ、大人専用のビーチ、展望台などがある。かなり広いので、自転車を借りるか、トラムに乗って移動する。
 島のあちらこちらに、墜落したような飛行機や、大砲といったプロップが隠されている。イメージをふくらませれば、まるで自分が無人島に流れ着いたようでもあり、これから海賊と戦うのか、宝探しをしようか…と、思いのままに遊べるだろう。
 ランチタイムは、海岸でバーベキュー。多少天気は悪くても、せっかくここまで来たのだからと、乗客たちは満足そう。思い出づくりにいそしんでいた。
 島からは、停泊するディズニー・ドリーム号をきれいにカメラに収めることができる。船の中にいるとなかなかその大きさを実感できないし、フロリダを出港するときもナッソーの港に停泊したときも、船の全景を単体で撮影するのは難しかったので、ここがシャッターチャンスだ。島の高台、オブザベーション・タワーまで行けば、キャスタウェイ・ケイの全景も一緒に撮れる。

 3日目は、もうひとつ目玉のイベントがある。この日は終日、船内は「パイレーツ」のテーマ一色だ。ハロウィンがきたかと思うように、みんな朝から自慢の海賊のコスチュームで歩いている。
 キャラクターたちも、海賊に扮し、夜は映画「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」を題材にしたアクションたっぷりのショーがある。最後は、船上で大掛かりな花火大会。すっかり晴れた夜空に、ドンパチと大玉が花ひらいた。


1

2 3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 2016年11月2日

    第97回 The Sato Project
     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  2.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  3.  2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  4. 20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  5.  新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る