ディズニー・クルーズライン
バハマ4泊の旅 後編

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato) 取材協力/ミッキーネット

体験者の声①

キャスタウェイ・ケイでの家族写真

キャスタウェイ・ケイでの家族写真


東カリブのクルーズで

東カリブのクルーズで

名前:
稲葉路美さん(テキサス州オースティン在住)

参加したクルーズ:
バハマ4泊5日(2011年)
西カリブ7泊8日(2012年、2014年)
東カリブ7泊8日(2013年、2015年)

同行者:
稲葉紀和さん(夫)、ゆめさん(長女、初クルーズ当時3歳半)、琉風さん(長男、初クルーズ当時11カ月)

参加した理由:
 アメリカで長男が誕生し、小さな子供2人を連れて旅行をしたいと思っていました。ただ都会は移動が大変だし、3歳の娘も楽しめるところはどこだろうと迷っていました。娘と私はディズニーが大好きだったので、ウォルト・ディズニー・ワールドに行くことも検討しました。
 そんな中、アメリカに住んでいる日本人のママ友で、ディズニー・クルーズに行った方がいて、話を聞いたのが初めです。クルーズさえ乗ったことがなかったので、船全部がディズニーなんて想像もできませんでした。
 最初のバハマ4泊に参加した後、クルーズにはまり、長い休みが取れたらクルーズに乗っていました。

息子、ダイパー・ダッシュにノミネートされる

息子、ダイパー・ダッシュにノミネートされる

船内での思い出:
 キャラグリ(=キャラクター・グリーティング)です。キャラグリというと長蛇の列でパパが代わりに並び何時間も待って…というのを想像していたのですが、クルーズはミッキーだけでも何回も出てくるので混雑はないし、キャラがたくさん絡んできてくれるので、楽しい時間が過ごせました。この旅行だけで何回キャラグリしたか、と思うほど写真を撮りました。クルーズならではのセーラー服や、季節によって変わるコスチュームも楽しみの一つです。
 船の中をぶらぶら歩いていたら、偶然キャプテンフックとスミーに出会い、びっくり。子供たちはかなり怖がっていました(笑)。グーフィーとエレベーターで遭遇したこともあります。すぐにキャラクターに会えるので、息をつく暇もありませんでした。次は何、次は何?という感じで、1日はあっという間に過ぎていきます。
 長男が「ダイパー・ダッシュ」に参加したこともよい思い出です。これはおむつをした赤ちゃんのハイハイレース。ロビーをプラプラ歩いていたら参加しないかとスタッフから声をかけられました。歩くようになっては参加できないので、1歳前の赤ちゃんにしかできない参加のチャンス! 息子初の大舞台でした。大勢の声援の中、プレッシャーに負け(笑)残念ながら2位でしたが大健闘でした。

リピーターになった理由:
 子供も大人も楽しめるところ。ラグジュアリーで非日常な時間を味わえ、キャラグリやショーも食事も大満足だったのでもう一度と思い、船内予約をしました。4泊はあっという間で船内を把握しきれなかったので、次は7泊にしました。

西カリブのクルーズでよかったこと:
 グランドケイマンで、セブンマイルビーチに行ったことでしょうか。初めてのグランドケイマンで不安だったのでエクスカーションを利用しました。バスでビーチまで連れて行ってもらうと、すでにビーチチェアとパラソルが用意されていました。まだ息子を抱っこひもで抱えての移動だったのでその点は楽でした。暑い中初めての地で、タクシーを探したりするのは大変だったと思うので、申し込んでよかったです。

東カリブのクルーズでよかったこと:
 東カリブといえば、St Maarten。カメラ小僧の夫にはたまらないようでした(笑)。世界でも有名な飛行機がすれすれを通るビーチ。日本にいた時はこんな遠くまで子連れで来るなんて夢にも思っていませんでした。飛行機を使ったら、何時間もかかるけどクルーズだと、寝れば次の島に着くのが魅力です。ここは暑かったので場所取りが大変でしたが、一見の価値ありです。その後、マリゴにあるカフェに行きました。フランスにあるようなカフェでマカロンとエスプレッソを堪能。美味しかったです。

オセアニア・ラボでのクッキング・クラス。クッキーを作っています

オセアニア・ラボでのクッキング・クラス。
クッキーを作っています

子供向けサービスを利用してみて:
 息子が3歳になるまでは、ナーサリーに預けました。頼めばご飯も食べさせてくれます。3歳になってからは、オセアニア・クラブへ。時々、ミッキーやスティッチが遊びに来てくれてとても楽しかったようです。オセアニア・クラブやラボで遊んだ子供たちの卒業式は、ミッキーとミニーが駆けつけてかわいいショーでした。記念にTシャツももらえました。素敵な思い出です。
 子供を預けて、夫婦で「パロ」と「レミ」のシャンパン・ブランチを楽しみました。今思い出してもため息が出るほど…。海を見ながらの美味しいお酒とお料理。最高です。こんな至福の時があっていいのかと思いました。
キャスタウェイ・ケイの大人専用ビーチのセレニティ・ベイでは、マッサージを申し込みました。静かなビーチそばの専用コテージでのマッサージは最高でした。波の音だけが聞こえ、普段の騒々しい生活を忘れて心から癒されました。

ミッキーネットでよかったこと:
 アメリカに住んでいるし、英語もそこそこできたので大丈夫かと思っていましたが、やはり日本語での対応は安心しました。一度、出発の2週間前に夫の仕事が急に入り、キャンセルせざる得なくなったのですが、すでに娘も行く気満々でキャンセルはかわいそうだということになり、日にちの変更をお願いしたのです。早急な対応のおかげで、同じグレードの部屋での変更ができました。英語での対応だったら、自分たちでできていたかと思うと??です。やはりプロに任せた方が安心だと実感した一件でした。

ディズニー・クルーズの魅力は:
 子供も大人も皆が楽しめるクルーズは素晴らしいと思います。私たちは、船に乗るたびに、人との出会いに毎回感動しています。2回目のファンタジー号に乗った時に、「君たちのことを覚えているよ!」と声をかけてくれたスタッフがいてとても感激しました。毎回出会いと再会の素晴らしさを味わえます。次はどこに行こうかなと、ウェブサイトを眺めるのが最近の楽しみです。
 百聞は一見にしかず。小さなお子さん連れの方も、カップルの方も是非乗って欲しいです。

1 2

3

4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 2018年2月7日

    第111回 犬の毛色
    犬の毛色で、人間に一番人気のない色は何色か知っていますか? 答えは、黒。黒犬大好き!な人たち...
  2. まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  3.  小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  4. 東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...
  5. 2020年1月1日に発効するカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA=Californ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る