アマゾン、物流事業進出も〜トラック配車アプリ開発を検討

 オンライン小売り大手アマゾンは、トラック輸送の手配や追跡が簡単にできるモバイル技術の開発を検討しているもようだ。貨物ブローカーとなって物流業界に進出するための動きと見られる。
 
 ウォールストリート・ジャーナルが関係者の話として伝えたところによると、アマゾンは港から配送センター、倉庫から宅配用施設へといった貨物の移動のために、使えるトラックと配送需要を調整する技術を買収または開発したいと考えており、社内の試験がうまく行けば企業間の貨物輸送を扱う運送業者にも有料でサービスを提供する可能性があるという。
 
 同社は2015年、関連施設間の在庫輸送を支援するためにアマゾン・ブランドのトレイラーを数千台導入する計画を発表し、アマゾンの施設からフェデックス、UPSなどの倉庫へ毎日大量の荷物を運んでいるトラック業界に動揺を与えた。さらに16年は貨物輸送機を40機リースしたと発表、海運業者としても法人登録している。また、同年5月には貨物サービス技術を持つ企業数社と技術の利用について話し合っており、物流網のうち集配施設から最終目的地までの区間、いわゆる「ラストマイル配達」への進出にも意欲を見せている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  2. 2015-6-5

    “Live Your Dream” 「夢を生きる テイラー・アンダーソン物語」レジー・ライフ監督に聞く

     東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  3. 2017-2-2

    原始時代に戻って健康になる パレオダイエットとは?

    食物は加工せず 添加物もなし  ここ数年、「新しくて古いダイエット法」と呼ばれ、注...
  4. 2016-10-1

    「夢はたくさんあり過ぎて どれかひとつは選べない」

     この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  5. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る