サイバーセキュリティの脅威、新種のサプライヤーが続々参入

 車両を標的にしたハッキングの脅威が増大する中で、全く新しいサプライヤーの参入が始まっている。メーカーやサプライヤーは2年程前まで、こうした企業に対してほとんど関心を向けていなかったが、事情は様変わりしている。
 
 IHSによると、サイバーセキュリティ市場は今後7年間で「急速に成長」し、市場規模は2016年の1100万ドルから23年には7億5900万ドルに達する見通しだ。需要急増とともに、新興企業の多くがイスラエルを拠点に軍サイバー防衛専門家によって設立されている。
 
 13年創業のアルグス・サイバー・セキュリティ(Argus)は15年、マグナなどから計3000万ドルの出資を受けた。アルグスはリスク評価、ソフトウェア保護、脅威の監視サービスを供給する。
 
 マーケティングを指揮するモニーク・ランス氏は、協業する自動車メーカーとサプライヤーの公表を避け、「車両が攻撃されれば消費者は所有するブランドに見切りをつける」と語った。
 
 カランバ・セキュリティ(Karamba)の特長は最終的なセキュリティの供給で、ひとたび技術が車両に内蔵されれば監視やアップデートの必要がない。カランバのデビッド・バージライ会長は、「サイバーセキュリティはメーカーやサプライヤーにはない複数の専門知識を必要とする」と説明。「自前で獲得しようとする動きは見られない」と述べた。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-4-1

    映画界復帰のきっかけは G・オールドマンからのオファーだった

     3月4日、ハリウッドのドルビーシアターで開催された第90回アカデミー賞。今年は日本人のメイ...
  2. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  3. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  4. 2016-3-27

    シリーズ世界へ! YOLO⑲クロアチア紀行 森とワインと国境と…

    クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブし...
  5. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る