サイバーセキュリティの脅威、新種のサプライヤーが続々参入

 車両を標的にしたハッキングの脅威が増大する中で、全く新しいサプライヤーの参入が始まっている。メーカーやサプライヤーは2年程前まで、こうした企業に対してほとんど関心を向けていなかったが、事情は様変わりしている。
 
 IHSによると、サイバーセキュリティ市場は今後7年間で「急速に成長」し、市場規模は2016年の1100万ドルから23年には7億5900万ドルに達する見通しだ。需要急増とともに、新興企業の多くがイスラエルを拠点に軍サイバー防衛専門家によって設立されている。
 
 13年創業のアルグス・サイバー・セキュリティ(Argus)は15年、マグナなどから計3000万ドルの出資を受けた。アルグスはリスク評価、ソフトウェア保護、脅威の監視サービスを供給する。
 
 マーケティングを指揮するモニーク・ランス氏は、協業する自動車メーカーとサプライヤーの公表を避け、「車両が攻撃されれば消費者は所有するブランドに見切りをつける」と語った。
 
 カランバ・セキュリティ(Karamba)の特長は最終的なセキュリティの供給で、ひとたび技術が車両に内蔵されれば監視やアップデートの必要がない。カランバのデビッド・バージライ会長は、「サイバーセキュリティはメーカーやサプライヤーにはない複数の専門知識を必要とする」と説明。「自前で獲得しようとする動きは見られない」と述べた。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-3-4

    第148回 レンタカーを借りる時の保険

     旅行や商用でレンタカーを借りる機会があると思いますが、保険はどうしていますか? 自分の自動車保険が...
  2. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  3. 2017-4-3

    身体をほぐして痛みをなくす 天城流湯治法

     普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  4. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  5. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る