「家庭を明るくする」ロボットが登場 〜メイフィールド、予約受け付けを開始

 メイフィールド・ロボティクス(Mayfield Robotics、カリフォルニア州レッドウッド・シティー拠点)は3日、同社初となる家庭用ロボット「クーリ(Kuri)」の米国内購入予約受け付けを開始した。価格は700ドル。
 
 ベンチャービート誌によると、クーリは執事(アシスタント)機能と接続型機器向けモバイル・ハブ機能を一体化したもので、家族の一員として家庭に溶け込むロボットを念頭に設計された。
 
 クーリは、周囲の様子を認知して自律移動し、「家庭を明るくする個性」(メイフィールド・ロボティクス)を備えたのが特徴。雪だるまのような筐体で、利用者が呼ぶとそのうしろを追って移動する。
 
 クーリは、1080pのカメラや、4つのマイクロフォン・アレイ、デュアル・スピーカー、ワイファイおよびブルートゥース接続機能、障害物を避けるための検知器を搭載している。特定の動作を行えるようプログラム可能で、IFTTT(If This Then That)制御にも対応する。大きさは、重さ約14ポンド(約6キログラム)、高さ約20インチ(約50センチメートル)。
 
 利用者が必要に応じて駆動させる従来型のロボットと違って、クーリは家のなかを自由に移動し、子どもと遊んだり音楽を再生したり、オーディオ本を読み上げたり、照明を消したり、さらには「きょうの天気は?」といった質問に答えたりといったコミュニケーション機能を備える。
 
 【http://venturebeat.com/2017/01/03/mayfield-robotics-launches-699-home-robot-kuri/?google_editors_picks=true】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  2. 2017-1-1

    「日本の伝統文化、歌舞伎を日本人にも 外国の人にも親しんでもらえるように」

     11月末、ハリウッド恒例のクリスマスパレードが行われた日、中心地にあるチャイニーズシアター...
  3. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  5. 2016-11-17

    「この映画を作れば 捕鯨は理解してもらえる、という一心」

     和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る