「家庭を明るくする」ロボットが登場 〜メイフィールド、予約受け付けを開始

 メイフィールド・ロボティクス(Mayfield Robotics、カリフォルニア州レッドウッド・シティー拠点)は3日、同社初となる家庭用ロボット「クーリ(Kuri)」の米国内購入予約受け付けを開始した。価格は700ドル。
 
 ベンチャービート誌によると、クーリは執事(アシスタント)機能と接続型機器向けモバイル・ハブ機能を一体化したもので、家族の一員として家庭に溶け込むロボットを念頭に設計された。
 
 クーリは、周囲の様子を認知して自律移動し、「家庭を明るくする個性」(メイフィールド・ロボティクス)を備えたのが特徴。雪だるまのような筐体で、利用者が呼ぶとそのうしろを追って移動する。
 
 クーリは、1080pのカメラや、4つのマイクロフォン・アレイ、デュアル・スピーカー、ワイファイおよびブルートゥース接続機能、障害物を避けるための検知器を搭載している。特定の動作を行えるようプログラム可能で、IFTTT(If This Then That)制御にも対応する。大きさは、重さ約14ポンド(約6キログラム)、高さ約20インチ(約50センチメートル)。
 
 利用者が必要に応じて駆動させる従来型のロボットと違って、クーリは家のなかを自由に移動し、子どもと遊んだり音楽を再生したり、オーディオ本を読み上げたり、照明を消したり、さらには「きょうの天気は?」といった質問に答えたりといったコミュニケーション機能を備える。
 
 【http://venturebeat.com/2017/01/03/mayfield-robotics-launches-699-home-robot-kuri/?google_editors_picks=true】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. Photo © Mirei Sato

    2015-10-23

    シリーズアメリカ再発見㊶ ハワイ島 マウナラニの息吹

    活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成す...
  2. 5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

    2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  3. balloon launch 3

    2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4. Photo @ Mirei Sato

    2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  5. wernick22n-1-web

    2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る