「家庭を明るくする」ロボットが登場 〜メイフィールド、予約受け付けを開始

 メイフィールド・ロボティクス(Mayfield Robotics、カリフォルニア州レッドウッド・シティー拠点)は3日、同社初となる家庭用ロボット「クーリ(Kuri)」の米国内購入予約受け付けを開始した。価格は700ドル。
 
 ベンチャービート誌によると、クーリは執事(アシスタント)機能と接続型機器向けモバイル・ハブ機能を一体化したもので、家族の一員として家庭に溶け込むロボットを念頭に設計された。
 
 クーリは、周囲の様子を認知して自律移動し、「家庭を明るくする個性」(メイフィールド・ロボティクス)を備えたのが特徴。雪だるまのような筐体で、利用者が呼ぶとそのうしろを追って移動する。
 
 クーリは、1080pのカメラや、4つのマイクロフォン・アレイ、デュアル・スピーカー、ワイファイおよびブルートゥース接続機能、障害物を避けるための検知器を搭載している。特定の動作を行えるようプログラム可能で、IFTTT(If This Then That)制御にも対応する。大きさは、重さ約14ポンド(約6キログラム)、高さ約20インチ(約50センチメートル)。
 
 利用者が必要に応じて駆動させる従来型のロボットと違って、クーリは家のなかを自由に移動し、子どもと遊んだり音楽を再生したり、オーディオ本を読み上げたり、照明を消したり、さらには「きょうの天気は?」といった質問に答えたりといったコミュニケーション機能を備える。
 
 【http://venturebeat.com/2017/01/03/mayfield-robotics-launches-699-home-robot-kuri/?google_editors_picks=true】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-3-25

    流行の兆し!「テマケリア」ブラジル発の手巻き寿司、ミツカンおすすめレシピも紹介

    テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファス...
  2. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  3. 2017-4-2

    ホテル以上のリラックス空間 自宅以上の便利さと快適さ オークウッドプレミア東京

     2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  4. 2016-7-30

    シリーズアメリカ再発見㊸ アートで再生! デトロイト

     「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  5. 2016-8-9

    リオ・オリンピックへ 米新体操団体代表 アリサ・カノウさん

     新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る