「家庭を明るくする」ロボットが登場 〜メイフィールド、予約受け付けを開始

 メイフィールド・ロボティクス(Mayfield Robotics、カリフォルニア州レッドウッド・シティー拠点)は3日、同社初となる家庭用ロボット「クーリ(Kuri)」の米国内購入予約受け付けを開始した。価格は700ドル。
 
 ベンチャービート誌によると、クーリは執事(アシスタント)機能と接続型機器向けモバイル・ハブ機能を一体化したもので、家族の一員として家庭に溶け込むロボットを念頭に設計された。
 
 クーリは、周囲の様子を認知して自律移動し、「家庭を明るくする個性」(メイフィールド・ロボティクス)を備えたのが特徴。雪だるまのような筐体で、利用者が呼ぶとそのうしろを追って移動する。
 
 クーリは、1080pのカメラや、4つのマイクロフォン・アレイ、デュアル・スピーカー、ワイファイおよびブルートゥース接続機能、障害物を避けるための検知器を搭載している。特定の動作を行えるようプログラム可能で、IFTTT(If This Then That)制御にも対応する。大きさは、重さ約14ポンド(約6キログラム)、高さ約20インチ(約50センチメートル)。
 
 利用者が必要に応じて駆動させる従来型のロボットと違って、クーリは家のなかを自由に移動し、子どもと遊んだり音楽を再生したり、オーディオ本を読み上げたり、照明を消したり、さらには「きょうの天気は?」といった質問に答えたりといったコミュニケーション機能を備える。
 
 【http://venturebeat.com/2017/01/03/mayfield-robotics-launches-699-home-robot-kuri/?google_editors_picks=true】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...
  2. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  3. 2016-3-27

    シリーズ世界へ! YOLO⑲クロアチア紀行 森とワインと国境と…

    クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブし...
  4. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  5. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る