IBM、2016年の特許取得数で首位 〜国別では米国、日本、韓国が上位3ヵ国

 IBMは2016年に8088件の技術特許を米国で取得し、最多を記録した。人工知能や予想分析技術の研究&開発に注力したことが取得数を押し上げた。
 
 フォーチュン誌が報じたIFI特許申請サービシズ(IFI Claims Patent Services)の調べによると、米特許取得件数の上位に入った米企業には、IBMのほかクアルコムやグーグル、インテル、マイクロソフトがある。
 
 国別では、全特許の41%を占めた米国が最多で、2位に日本(28%)、3位に韓国(15%)が続いた。
 
 IFIによると、IBMは過去24年間での特許取得数がもっとも多い企業だ。
 
 IBMのバーニー・マイヤーソン最高革新責任者は近年の特許について、「台頭分野の認知電算や人工知能、予想分析といったワトソンがらみの研究&開発への注力が取得数の増加に寄与した」と述べた。
 
 【http://fortune.com/2017/01/09/most-patents-2016/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-5

    第167回 洗脳 VSメディア・リテラシー②

    前回、この12年間でアメリカのメディアで一番視聴されているFox Newsは、CNN とMS...
  2. 2017-1-2

    睡眠の質を追求するマットレス ベッド文化のアメリカで勝負賭ける

    なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  3. 2013-10-5

    シリーズ世界へ! YOLO⑭ Pura Vida! コスタリカ 前編

      Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  4. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  5. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る