ロボティック喫茶店、サンフランシスコで開業 〜香港のカフェ・エックスが進出

 ロボットが飲み物をつくるだけでなくサービングもする新型の喫茶店「カフェ・エックス(Cafe X)」がサンフランシスコで開業した。
 
 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、消費者が電話か店内の設置画面で注文すると、三菱製の機械腕が空のカップを取り出しエスプレッソ・マシンの前に置き、カップにコーヒーを入れ、動き受け取り口まで運ぶ。
 
 それにかかる時間は、飲み物の種類に応じて22〜55秒。メニューには6種類ある。価格は、8オンスのカフェ・ラテで2.95ドルと、スターバックスより40セント安い。味は好評だ。
 
 同ロボットは、地元の焙煎業者が作ったレシピと材料を使って毎回同じ方法でコーヒーをいれるため、味の安定が強みだという。その日の気温や湿気に応じてレシピも調整できる。また、注文の聞き間違いや紛らわしいスペル違いによる混乱もなく、材料を無駄にすることもない。混雑時でも1分あたり2件の速さで注文をさばくため、待ち時間が短縮される。さらに、簡単な掃除なら自分でできる。
 
 香港で創業したカフェ・エックスは、500万ドルのベンチャー・キャピタル投資を獲得し、モールや空港のほか、企業や大学をおもな出店場所として事業展開する計画だ。
 
 ロボットは固定経費が高く、忙しい時間帯だけ体制を強化するといったことができない。そのため、カフェ・エックスの課題は、集客とそれによる規模拡大にシステムを対応させることだ。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2015-5-20

    裏ななつ星紀行~高野山編 第一話

     子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  2. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  3. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  4. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  5. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る