トランプ就任で銃販売が激減〜規制強化の懸念なくなり

 大統領選でトランプ氏が勝利して以来、国内の銃器販売が激減している。
 
 CNNマネーによると、オバマ前政権時代は銃規制の強化を警戒する愛好家が購入を急ぎ、ヒラリー・クリントン氏が後継となれば状況はさらに厳しくなるとの見通しから選挙までは販売が大幅に増加していたが、銃規制には反対で全米ライフル協会(NRA)の支援も受けるトランプ氏の大統領就任でこうした懸念がなくなった。
 
 上場する銃器大手スターム・ルガーとアメリカン・アウトドア・ブランド(旧スミス&ウェッソン)の株価は、2016年11月8日の投票日以来20%以上低下している。連邦捜査局(FBI)が行う銃購入者の身元調査件数は、12月に前年同月比16%減少した後、17年1月は20%落ち込んだ。
 
 身元調査の件数と銃の販売数が正確に一致する訳ではないが、かなり近い全米指標になる。
 
 同業カラシニコフUSAのブライアン・スキナーCEOによると、16年は全米がクリントン候補の大統領選勝利を予想し、銃器業界もそのつもりで事業計画を立てていた。このためメーカーには大量の注文が舞い込んだが、投票日翌日にはトランプ氏の勝利が確実になり、販売業者からの発注取り消しが相次いだという。
 
 アルコール・たばこ・火器および爆発物取締局(ATF)によると、銃器の生産数はオバマ政権で2倍以上に増加し、16年にFBIが行なった身元調査件数は2700万件超と過去最多だった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  2. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  3. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  4. 2017-5-4

    トピックス もしかしてノイローゼ? 7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  5. 2017-3-3

    これぞアメリカ?! 「The Founder」

    誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る