米ソーラー雇用、25%増〜過去6年で最大の伸び

 太陽光発電の業界団体ソーラー財団(Solar Foundation)は、2016年に米業界雇用が26万人を超え、前年比25%増となったと発表した。過去6年間で最大の伸びという。ロイター通信が伝えた。
 
 トランプ大統領は気候変動に懐疑的で、これまでエネルギー業界におけるクリーン・エネルギーの役割に疑問を呈してきたが、ソーラー設備に対する30%の連邦税控除は業界の発展に不可欠で、雇用の大幅増は連邦に支援継続を求める際の好材料になると期待される。
 
 地域別では50州のうち44州で雇用が増え、1州を除き大統領選でトランプ候補を支持した全ての州で増加した。ソーラー財団のアンドレア・ルーク代表は「トランプ政権は雇用増を望んでおり、太陽光発電で雇用を増やせる」と話している。
 
 1月に発表されたエネルギー省の統計によると、ソーラー業界の雇用は石炭業界(6万5180人)や化石燃料発電業界(11万4351人)よりも多い。業界雇用の40%以上は住宅部門が占め、大手企業としてはテスラ傘下ソーラーシティやサンランなどがある。
 
 最大の市場はカリフォルニアで、全体の38%に相当する10万人以上が集中しており、16年は32%増加した。ネバダやマサチューセッツなどは、太陽光発電を支援する政策の変更で需要が落ち込み、関連雇用が減少した。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る