H-1Bビザの優先発給、4月3日から停止

 移民局(USCIS)はこのほど、特殊技能者向けビザ「H-1B」の優先発給制度を4月3日から6カ月間停止すると発表した。外国人技術者に依存する国内のIT大手やインドの関連企業に大きな影響を与える可能性がある。
 
 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、停止期間中も緊急事態や人道的理由などで特例措置が認められる。
 
 H-1Bは、専門技能を持った人材を国内で見つけられない企業が外国人で補う場合に使われるのが本来の目的で、多くの業界で利用されているが、実際は受給者の大半がテクノロジー業界で働いている。フェイスブックはH-1Bに依存する企業と言われ、社員の15%以上が制度を利用している。
 
 H-1Bビザの優先発給制度は01年に導入され、1225ドルの追加手数料を払うことで通常は2〜3カ月かかる審査が15日以内に短縮される。現在はインドのIT企業の多くが、何万人もの専門職を米企業に派遣するためにこの制度を使っている。
 
 一時停止は3月3日に発表されたが、多くの専門家は「米国が競争力を維持するには有能な専門職の確保に国際的な手法を取る必要がある」と考えている。コーネル大学のスティーブン・イェールロアー教授(移民法)は「グローバル経済では、最高の人材は最高の場所で働きたいと考え、もし米国で働けなかったり手続きに時間がかかったり難しすぎたりすれば、カナダや欧州、インドなどほかに自分の才能を評価してくれる場所に行くだろう」と指摘する。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  2. 2016-10-3

    第18回 「八百八橋はないけれど」

    東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...
  3. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  4. 2016-12-5

    第20回 「ロゴはポートランドで起業」

    2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  5. 2017-11-3

    REPORT 乳がん早期発見啓発セミナー Part2

    「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る