システム安全性も評価項目に〜CR、商品の品質検査で

 車や家電などの厳しい品質検査で知られる消費者団体コンシューマー・リポーツ(CR)は、商品の評価項目にサイバー・セキュリティやプライバシーの安全性も追加する方針を明らかにした。いくつかの外部団体と協力して評価基準の作成を進めているという。
 
 ロイター通信によると、少数の商品評価から試験的に新しい方法の適用を始め、徐々に本格導入していく予定。CRの電子製品テスト責任者は「これは複雑な分野。適切な形に落ち着くまで多くの調整が必要になる」と話している。
 
 近年はインターネットとつながるビデオカメラ、ルーター、デジタル・ビデオ・レコーダーなどが増えてモノのインターネット(IoT)が形成され、無防備な「つながる機器」を狙ったサイバー攻撃も増えている。しかし、つながる機器のメーカー側は機器のシステム安全に多くの資源を投じてもあまり得にならないため、今後も攻撃は続く可能性が高い。
 
 CRの評価基準開発に協力しているサイバー・インディペンデント・テスティング・ラブのペイター・ザトコ代表は「業界が製品の質やソフトウェアの安全性にあまり留意していないことを明らかにする必要がある」と話す。新基準の草案には、ソフトに最高のセキュリティ手法が用いられているか、消費者に関する情報をどれくらい収集しているか、アカウントが停止された時に会社は全てのユーザー情報を消去しているか、といった内容が盛り込まれている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-3-2

    第101回 エネルギー

     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  2. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  3. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  4. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  5. 2017-12-1

    労働許可書申請と同時に ソーシャルセキュリティ番号を取得

    米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る