システム安全性も評価項目に〜CR、商品の品質検査で

 車や家電などの厳しい品質検査で知られる消費者団体コンシューマー・リポーツ(CR)は、商品の評価項目にサイバー・セキュリティやプライバシーの安全性も追加する方針を明らかにした。いくつかの外部団体と協力して評価基準の作成を進めているという。
 
 ロイター通信によると、少数の商品評価から試験的に新しい方法の適用を始め、徐々に本格導入していく予定。CRの電子製品テスト責任者は「これは複雑な分野。適切な形に落ち着くまで多くの調整が必要になる」と話している。
 
 近年はインターネットとつながるビデオカメラ、ルーター、デジタル・ビデオ・レコーダーなどが増えてモノのインターネット(IoT)が形成され、無防備な「つながる機器」を狙ったサイバー攻撃も増えている。しかし、つながる機器のメーカー側は機器のシステム安全に多くの資源を投じてもあまり得にならないため、今後も攻撃は続く可能性が高い。
 
 CRの評価基準開発に協力しているサイバー・インディペンデント・テスティング・ラブのペイター・ザトコ代表は「業界が製品の質やソフトウェアの安全性にあまり留意していないことを明らかにする必要がある」と話す。新基準の草案には、ソフトに最高のセキュリティ手法が用いられているか、消費者に関する情報をどれくらい収集しているか、アカウントが停止された時に会社は全てのユーザー情報を消去しているか、といった内容が盛り込まれている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  2. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  3. 2017-11-3

    REPORT 乳がん早期発見啓発セミナー Part2

    「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の...
  4. 2017-8-4

    第55回 良質でリーズナブルなカリフォルニアワインを探す

     カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...
  5. 2016-10-1

    スキルアップ&キャリアップ 生涯学習スクールガイド

    翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る