ウーバーCEOが休職へ〜法律事務所の提言受け

 配車サービス大手ウーバーのトラビス・カラニックCEOが、休職する見込みとなっている。社内調査を行った法律事務所の提言を受けた動きで、まだ決定されてはいないが、カラニック氏側近のエミル・マイケル上級副社長はすでに辞職したという。ロイターが関係者の話として伝えた。
 
 元従業員の女性が2017年2月、在職中に上司からセクハラを受けたと自らのブログで告発した。ウーバーはこれを受けて元司法長官のエリック・ホルダー氏が率いる法律事務所に社内調査を依頼した。調査では従業員から嫌がらせ行為に関する苦情が24時間体制で受け付けられ、215件の苦情が寄せられた。この結果同社が従業員20人を解雇していたことが分かっている。
 
 11日に開かれたウーバーの取締役会は、ホルダー氏の事務所が出した提案を受け入れることを決めた。従業員には13日に提案内容を伝えるという。同社はまた、新しい社外取締役にネスレ幹部でアリババの取締役も務めるワン・リン・マーテロ氏を加えることも決めた。
 
 法律事務所の提案は、支出や人事などカラニック氏が独占的に権限を振るっていた分野に、より大きな支配圏を配置するよう進言している。同社ではカラニック氏と2人の側近が経営権を持つ。同氏の強力な個性と現在までの営業的成功が、取締役会で他を服従させる力を与えていたという。
 
 ある関係者は、休職は最終的にはカラニック氏自身の決断になると話した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  2. 2017-9-4

    鮭のちゃんちゃん焼き うどんdeみたらし団子

    まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  3. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  4. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る