アン・テイラーなどの親会社、667店舗閉鎖へ

 アパレル大手アセナ・リテイル・グループ(Ascena Retail Group)は、衣類をオンライン購入する消費者の増加などを受け、今後2年間で最高667店舗を閉鎖する。
 
 ロサンゼルス・タイムズによると、アセナは婦人服のアン・テイラー(Ann Taylor)、レイン・ブライアント(Lane Bryant)、ロフト(Loft)、モーリセス(Maurices)、子供服のジャスティス(Justice)といったブランドを展開する。4月29日現在の総店舗数は4850店。
 
 すでに268店舗以上の閉鎖を決めており、モール管理業者から賃借の条件で折り合わなければさらに399店舗以上を閉鎖することになる。
 
 ニュージャージー州が本拠のアセナは、2017年2〜4月期の業績が大幅に落ち込み、売上高は前年同期比6%減の15億7000万ドル、既存店売上高は8%減で、全てのブランドで売り上げが減少した。純利益は3000万ドルから960万ドルに激減した。
 
 デイビッド・ジャフ社長兼CEOは、実店舗の来客数減少や価格競争の激化などを不振の原因に挙げており「当面これらの要因は大きな障害として残り、消費者の需要がeコマースに向かう変化の加速を反映している」と説明する。
 
 この変化は小売業界全体の均衡を崩しており、メイシーズ、シアーズ・ホールディング、JCペニーといった既存の小売店もコスト削減のために多くの店舗を閉鎖しているほか、ペイレス・シューソースなどは経営破綻した。子供服のジンボリー(Gymboree)も最近、破産法第11条に基づく会社更生手続きの適用を申請し、1281店に上るチェーンの一部を閉鎖する。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  2. 2017-10-1

    心の病 相談室

    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  3. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  4. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...
  5. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る