ワッツアップ、大企業向け有料版を提供へ 〜業務用機能拡充版でついに商用化

 ワッツアップ(WhatsApp)は、モバイル・メッセージング・アプリケーションをようやく商用化するために、いくつかの機能が含まれる大企業向け有料版と中小企業向け無料版を市場投入する。
 
 テッククランチ誌によると、大企業向け有料版には、多国籍企業が「飛行便時間や配達確認、そのほかの業務関連情報を顧客企業に通知できるリアルタイムの情報更新機能が含まれる」と同社のマット・アイディーマ最高執行責任者は説明した。
 
 大企業向け有料版も初期には無料で提供されるが、アイディーマ氏は、「近い将来に有料化する方針だ」「ただ、商用化に関する詳細はまだ決まっていない」と話した。
 
 モバイル・メッセージング・アプリケーションは、10年以上前から消費者間で普及しているが、その業務利用は不適切という認識も根強いため、正式の法人利用は皆無だ。しかし、実質的にはモバイル・メッセージング・アプリケーションの業務利用は広まっている。
 
 ワッツアップでは、法人市場でのモバイル・メッセージング・アプリケーション利用の機が熟したと考え、さらに、大企業向けの業務用機能を拡充させた有料版によって同社初の本格的商用化に踏み切る方針だ。
 
 ワッツアップは以前、年間利用料1ドルを利用者に請求していたが、2014年にフェイスブックに190億ドルの巨額で買収されてから無料化され、また、利用体験を悪化させるという理由で広告を表示しない方針を明示していた。ワッツアップは、月間利用者数が世界で13億人、毎日の利用者数が10億人の業界最大手。
 
 【https://techcrunch.com/2017/09/05/whatsapp-business-app/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  2. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  3. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...
  4. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  5. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る