EB-5投資家ビザの認可率、99.7%

 投資永住権ビザ「EB-5」を通じた米国への投資を仲介する連邦政府指定の事務所キャンナム(CanAm、本部ニューヨーク州)は、会計事務所のPKFオコナー・デイビスに委託して行なったEB-5プログラムの成功率監査結果を発表した。
 
 投資家ビザとも言われるEB-5は、一定の条件を満たす米国内の物件への投資を行う個人が、自身と直近の家族の永住権を得られる制度。
 
 ビジネスワイヤーによると、監査の結果、CanAmを通じて米移民局に提出した外国人起業家のための移民請願書式「I-526」と永住権誓願書式「I-829」の認可成功率は、それぞれ99.9%と99.7%だった。
 
 CanAmは、EB-5プログラム専門の事務所となった2003年から18年3月15日までに、I-526申請で累計4200件、I-829申請で2100件以上の政府認可を受けた。同事務所が仲介した米事業への投資額は累計26億ドルに上る。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  2. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...
  3. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  4. 2017-12-1

    労働許可書申請と同時に ソーシャルセキュリティ番号を取得

    米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  5. 2016-9-3

    シリーズアメリカ再発見㊻ Healdsburg  花と紅葉のソノマ紀行

     ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る