EB-5投資家ビザの認可率、99.7%

 投資永住権ビザ「EB-5」を通じた米国への投資を仲介する連邦政府指定の事務所キャンナム(CanAm、本部ニューヨーク州)は、会計事務所のPKFオコナー・デイビスに委託して行なったEB-5プログラムの成功率監査結果を発表した。
 
 投資家ビザとも言われるEB-5は、一定の条件を満たす米国内の物件への投資を行う個人が、自身と直近の家族の永住権を得られる制度。
 
 ビジネスワイヤーによると、監査の結果、CanAmを通じて米移民局に提出した外国人起業家のための移民請願書式「I-526」と永住権誓願書式「I-829」の認可成功率は、それぞれ99.9%と99.7%だった。
 
 CanAmは、EB-5プログラム専門の事務所となった2003年から18年3月15日までに、I-526申請で累計4200件、I-829申請で2100件以上の政府認可を受けた。同事務所が仲介した米事業への投資額は累計26億ドルに上る。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...
  2. 2019-2-4

    米国大手会計士事務所・所得税担当者監修 個人所得税申告書の作成ガイド2018

    本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  3. 2017-11-2

    新しい90日ルールに要注意!

     2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  4. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  5. 2015-7-20

    冷やし中華 冷しゃぶサラダ

     暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る