中国の報復関税、カリフォルニア州農家に大打撃

 米国産農産物に対する中国の報復関税が、カリフォルニア州のワインやナッツ業界に打撃を与えている。
 
 ロイター通信によると、中国は4日、トランプ政権の鉄鋼やアルミ製品に対する関税措置への報復として、冷凍豚肉、ナッツ、ワインなど106品目、27億5000 万ドル相当の米国産輸入品に15〜25%の追加関税を課すと発表した。税率が上がるとカリフォルニア産のアーモンド、ピスタチオ、ワインなどの国際競争力が下がる可能性がある。
 
 カリフォルニアは、全体では民主党支持者が圧倒的に多いが、農家の多くは 2016年の大統領選で「より公正な国際取引を望む」と主張したトランプ氏に投票しており、ピスタチオ生産量の上位5郡のうち4郡とアーモンドの最大生産郡カーンはトランプ氏を支持した。
 
 中国が輸入している最大のカリフォルニア産農産物はピスタチオで、16年には5億3100万ドルに上った。現在は生ピスタチオに5%、煎りピスタチオに10%の関税が課されているが、米ピスタチオ生産者協会のリチャード・マトイアン代表は「15%上乗せされるとイラン産に対する競争力が下がる」と見ている。カリフォルニアとイランは、長年にわたって世界最大のピスタチオ生産地の座を争っている。
 
 中国のカリフォルニア産農産物輸入量の2位はアーモンドで、16年は州の収穫量の12%を中国が購入し、輸入高は約5億1800万ドルに達した。今回の報復措置により、アーモンドの関税率は10%から25%に上昇する。
 
 一方、ワインは関税を含む税金が48.2%から67.7%に上がる。米国は17年、カリフォルニア産を中心に約7900万ドル相当のワインを中国に輸出した。
 
 中国の対米報復関税の恩恵を受けると見られるのはオーストラリアだ。オーストラリアは地理的にも中国に近く、中国との自由貿易協定(FTA)によって19年にはアーモンド、ワインなどの中国向け輸出関税がゼロになる。チリとニュージーランド産のワインも中国向け輸出には関税がなくなり、ほかの税金を合わせても課税率はわずか30%となる。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  2. 2016-9-4

    第40回 ロールモデル

    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  3. 2018-6-6

    第61回 弱みを無くす

    語弊があるかもしれないが、ざっくばらんに言って、動物の世界が弱肉強食であるように、人間世界も...
  4. 2018-11-8

    Fujita Research, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州Encinoにオフィスを構えるFujita Research, Inc.のKei...
  5. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る