シリーズアメリカ再発見⑦
癒しのセドナ 大地を走ろう

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

Courtesy of Enchantment Resort

Courtesy of Enchantment Resort

パート2
パワースポットで「心と体の垢おとし」

 セドナを訪れる観光客は年間約400万人。その多くがこの街で何かを見つけ感じたいと願っている。新しい年の始まりにふさわしい、「心と体の垢おとし」にぴったりのセドナの過ごし方を紹介する。
 
 セドナの街を囲むように存在する4大ボルテックス・ポイント(vortex point)が、ベル・ロック(Bell Rock)、エアポート・メサ(Airport Mesa)、カセドラル・ロック(Cathedral Rock)、ボイントン・キャニオン(Boynton Canyon)だ。
 自然のエネルギーが渦巻くホットスポットと信じられている。世界中の人が何かを求めてここに来るのは、このボルテックスの存在が大きい。

魅惑のスパ

 中でもボイントン・キャニオンは、不思議な魅力をたたえた「カチーナ・ウーマンの岩」で有名だ。
 そのふもとにセドナ随一のスパ「ミイ・アモ」(Mii Amo)がある。ネイティブ・アメリカンの伝統を取り入れ、セドナ独特のリズムと精神性を大切にする。

 日帰り利用はできない。「Journeys」と呼ばれるパッケージから3泊、4泊、7泊のどれかを選んで滞在する。
 費用は決して安くないがオール・インクルーシブで、1日2度のスパ・トリートメント、コンサルテーション、ヨガ、ヒーリング、レクチャー、フィットネスなどが含まれる。フェイシャルやマッサージ以外にワツ(Watsu)と呼ばれるユニークなトリートメントがあり、浴槽の中でセラピストに抱かれて浮き、揺りかごに似た癒しの体験をする。

 水晶を敷き詰めた部屋では、石化した木の切り株を囲んで毎朝、歌や祈り、ドラムの儀式が行われる。悩みや恐れを紙に書いて入り口のかごに入れておくと、スタッフが燃やしてくれる。

 客室は14だけ。初日の晩は皆でテーブルを囲み、「自分は誰か」紹介し合う。夕刻になるとラウンジで本を読んだり映画を見たり。夜は暖炉の前で、ガラス戸の向こうに広がる満点の星空と、漆黒の塊に変わった赤い巨岩を見つめて語らう。
 宿泊客の大半は女性で、ニューヨークなど東海岸からやって来る。ここで生涯の友を見つける人が多いそうだ。

カチーナ・ウーマンの岩Photo © Mirei Sato

カチーナ・ウーマンの岩
Photo © Mirei Sato

自分だけの時間

 食事は3食込み。テラスやプールサイド、好きなところで食べられる。
 「これからハイキングに行くのなら」と、女性スタッフがココナツ・ウォーターと、ホワイト・クラウドという少々カフェインの入ったココナツの紅茶を薦めてくれた。ハチミツをたっぷり入れて飲む。

 人間誰にも女性と男性のエネルギーが備わっているそうだが、セドナの岩も向きや陰影によって雄々しさとたおやかさの両面を見せる。峡谷は静かで、心も体も芯からリラックスする。自分でコントロールできる時間をもつことの貴重さ、自分のために時間を使う贅沢さがここにある。

 向かいのテーブルでは二人の女性が「家に帰るのが憂うつ」「戻ったら何か新しいことをやろうと決めたけど、オフィスにバスローブで出勤したらどうかしら。皆驚くわね、きっと」とのんびり話している。

 スパの裏口から、ハイキング・トレイルへ抜けられる。ボイントン・キャニオンを奥へ進む2時間コースを途中で折り返し、逆へ向かってビスタ・トレイルをカチーナ・ウーマンの岩まで上がった。

 セドナに伝わるカチーナ・ウーマンの伝説は、「遠い昔、欲に目がくらみ殺し合いに走った人間に失望して、神様が遣わした守護神」「洪水が襲って人類が全滅しかかった時、生き延びて新たに一族を産み育てた女性」など幾つかのバージョンを耳にした。向き合うようにそびえる岩が「男性」で、二者の間の上空にボルテックスが存在するという。

 岩のてっぺんまで登るにはロッククライミングの基礎技術でもないと厳しいが、見上げると「到達者」は結構いる。さきほどテラスで談笑していた二人組の女性も来て、今度は岩がつくる日影の中でおしゃべりしていた。

食事はヘルシーでオーガニック。右端は、ココナツ、アップルジュース、ブルーベリー、パイナップルの特製スムージーPhoto © Mirei Sato

食事はヘルシーでオーガニック。
右端は、ココナツ、アップルジュース、ブルーベリー、パイナップルの特製スムージー
Photo © Mirei Sato

Mii Amo Destination Spa at Enchantment Resort

Courtesy of Enchantment Resort

Courtesy of Enchantment Resort

525 Boynton Canyon Road, Sedona, AZ 86336
www.miiamo.com
www.enchantmentresort.com
「エンチャントメント・リゾート」の広大な敷地の中にあるスパ。メークアップやクッキングのクラス、オーラリーディング、ボルテックス・ハイキングなど様々なプログラムがあり、個人に合わせて毎日のスケジュールをつくってくれる。食事はヘルシーでオーガニックなメニューばかり。特にジュースバーのスムージーは絶品。レシピも教えてくれる。
Enchantment Resortは子供連れでも1泊からでもOK。宿泊するとMii Amo施設の利用が可能。子供をデイケア・キャンプに預けて食事やマッサージを楽しむ大人が多い。テニスコートが何面もある。

1

2

3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る