ディズニー・クルーズライン
バハマ4泊の旅 前編

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato) 取材協力/ミッキーネット

体験者の声①

船内レストラン「Royal Palace」でランチをする鎌苅紗也香さん(左)と香里さん

船内レストラン「Royal Palace」でランチをする
鎌苅紗也香さん(左)と香里さん


レストラン「Royal Palace」に飾られたクリスマスツリーの前で

レストラン「Royal Palace」に飾られた
クリスマスツリーの前で

名前:
鎌苅紗也香さん(大阪府堺市在住)

参加したクルーズ:
バハマ3泊4日(2014年12月)

同行者:
鎌苅香里さん(妹)

参加した理由:
 数年前から、クルーズの存在を知り、魅力的に感じていました。5年前に訪れたフロリダのディズニー・ワールドにまた行きたいと思っていたところ、日程的にクルーズとワールドと両方行かれることが分かり、参加を決めました。

船内での思い出:
 「キャラクター・グリーティング」(*ディズニーのキャラクターと触れ合い一緒に写真が撮れる)です。日本と違って、短い待ち時間でたくさんのキャラクターに会えました。船内で偶然遭遇することもありました。
 今回の旅行は妹と二人で参加しました。妹は、出港パーティーの「Sailing Away」がよかったと言っています。ショーに集中しすぎて、いつ出港したのかが分からないぐらい面白かったです。

船外アクティビティーの思い出:
 「キャスタウェイ・ケイ」でバーベキューを食べたことです。ディズニーのクルーズでしか来られない島の海辺で、できたてのバーベキューが食べられて大満足でした。
 妹は、パラセーリングに初めて挑戦しましたが、上空からディズニーのクルーズ船と島を眺められて感動しました。天気もよく、大変気持ちよかったです。

客室について:
 窓やベランダがないタイプで、外の景色が見えませんでしたが、バーチャル・ウィンドウがあり、たまにディズニーのキャラクターが現れるので、見つけた時は嬉しかったです。

食事について:
 夕食は、ローテーションで違うレストランになるので、自分の好きなメニューをコース料理で食べられ、贅沢でした。朝食、昼食も好きな時間に好きな場所で食事でき、大変美味しかったです。レストランが変わっても、担当サーバーさんが同じだったので、気を使わず、よかったです。

ディズニーの魅力とは:
 飽きさせない。いつ行っても、新しい発見があり、夢の国の一員になり、元気になれる場所です。大人だからこそ、朝早くから夜遅くまで自由に動けて、思いっきり楽しめると思います。プール、キャラクター・グリーティング、ショー、レストランなどたくさんのイベントがあるので、それぞれの目的に合った過ごし方ができます。バーや映画やいろいろな体験など、やり残したことがたくさんありました。

ミッキーネットでよかったこと:
 現地の最新情報を日本語で収集できることが、本当によかったです。予約や質問などの対応も大変迅速で丁寧にして下さるので、安心して日本を出発できました。ミッキーネット・オリジナルのガイドブックを頂けたり、細かいところまで、しっかりサポートがあるので、大変頼りになりました。

1 2 3

4

5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る