本田圭佑、カリフォルニア州オレンジ・カウンティSCの経営に参画

現在、メキシコのサッカー1部リーグのパチューカに所属している本田圭佑が、カリフォルニア州のオレンジ・カウンティ・サッカークラブのオーナーシップに参画することを発表した。

オレンジ・カウンティSCはアメリカのユナイテッド・サッカー・リーグに所属しているカリフォルニア州アーバインのサッカークラブ。本田のマネジメント会社「ホンダ・エスティーロ(HONDA ESTILO)」はすでにウガンダ、オーストリア、カンボジアでプロサッカークラブの経営に携わっており、今回のオレンジ・カウンティSCは4度目の取り組みとなる。

2017年12月29日(金)にはオレンジ・カウンティのホームスタジアムで記者会見が行なわれた。当日は本田圭祐も壇上し、「この日を迎えられて嬉しく思う。2026年のワールドカップに向けて、アメリカで若いサッカー選手を育てていく良いチャンスだ」などと意欲を語った。

今後はユース選手の育成や大会の実施、留学プログラムの実施などに取り組んでいくという。また、日本人選手のクラブ加入も検討しているとのことだ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-11-3

    REPORT 乳がん早期発見啓発セミナー Part2

    「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の...
  2. 2019-2-4

    米国大手会計士事務所・所得税担当者監修 個人所得税申告書の作成ガイド2018

    本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  3. 2017-12-3

    HOWDY!!!

    HOWDY!!! 皆様、サンクスギビング・ホリデーも終わり、あっという間に12月がやってきまし...
  4. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  5. 2017-1-1

    新春スペシャル 旅行のプロに聞く 南北アメリカの絶景スポット

    Canada オーロラベルト直下イエローナイフ 幻想的なスペクタクルショー  オー...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る