新ブランド「百黙」、満を持してアメリカ販売がスタート 〜 菊正宗 NYで発表会開催

創業360年を迎える菊正宗酒造株式会社は2016年4月に立ち上げた新ブランド「百黙 (Hyaku Moku)」のアメリカ販売を開始した。アメリカ販売を記念するローンチパーティーをニューヨークのミシュラン三ツ星レストラン「パ・セ」で行われた。

今回のローンチパーティーは第2弾。第1弾は昨年9月にフランスのパリで行われている。当日は「純米大吟醸」「純米吟醸」「Alt.3(オルトスリー)」を用意し、「パ・セ」のスペシャルメニュ ーとペアリングして提供された。

「百黙」は菊正宗酒造株式会社が2016年に立ち上げた新ブランド。兵庫県三木市吉川特A地区で契約栽培された山田錦を100%使用する。

 

「百黙 純米大吟醸」は精米歩合39%、果実香と上品な甘みから酸味、そして心地よいほどの苦味を伴った締めの余韻が楽しめる逸品。サラダ仕立ての鯛のカルパッチョや繊細な味わいの前菜に合うという。乾杯時に是非飲みたいお酒。「百黙 純米吟醸」は、精米歩合59%で、米の旨みとほのかな酸が、濃厚な中にドライで軽やかな余韻を残す。軽く冷やしたグラスでお飲み頂きたいお酒。軽めのソースがかかった料理や魚の蒸し煮料理との相性は絶妙。「百黙 Alt.3(オルトスリー)」は、”第3の選択”を意味している。特A地区産山田錦のみで醸された複数の純米原酒をブレンド。その味わいは華やかな登場感の中に膨らみのある甘さと苦み、フレッシュさと丸みが渾然一体となって口中に広がる。白身魚のバタームニエルのような淡白だが旨みを感じる新鮮な食材とマッチする。

17日の発表会を皮切りに、ニューヨーク州・ニュージャージー州・カリフォルニア州・ ハワイ州の4州限定で販売される。

■詳細:http://hyakumoku.jp/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る