新ブランド「百黙」、満を持してアメリカ販売がスタート 〜 菊正宗 NYで発表会開催

創業360年を迎える菊正宗酒造株式会社は2016年4月に立ち上げた新ブランド「百黙 (Hyaku Moku)」のアメリカ販売を開始した。アメリカ販売を記念するローンチパーティーをニューヨークのミシュラン三ツ星レストラン「パ・セ」で行われた。

今回のローンチパーティーは第2弾。第1弾は昨年9月にフランスのパリで行われている。当日は「純米大吟醸」「純米吟醸」「Alt.3(オルトスリー)」を用意し、「パ・セ」のスペシャルメニュ ーとペアリングして提供された。

「百黙」は菊正宗酒造株式会社が2016年に立ち上げた新ブランド。兵庫県三木市吉川特A地区で契約栽培された山田錦を100%使用する。

 

「百黙 純米大吟醸」は精米歩合39%、果実香と上品な甘みから酸味、そして心地よいほどの苦味を伴った締めの余韻が楽しめる逸品。サラダ仕立ての鯛のカルパッチョや繊細な味わいの前菜に合うという。乾杯時に是非飲みたいお酒。「百黙 純米吟醸」は、精米歩合59%で、米の旨みとほのかな酸が、濃厚な中にドライで軽やかな余韻を残す。軽く冷やしたグラスでお飲み頂きたいお酒。軽めのソースがかかった料理や魚の蒸し煮料理との相性は絶妙。「百黙 Alt.3(オルトスリー)」は、”第3の選択”を意味している。特A地区産山田錦のみで醸された複数の純米原酒をブレンド。その味わいは華やかな登場感の中に膨らみのある甘さと苦み、フレッシュさと丸みが渾然一体となって口中に広がる。白身魚のバタームニエルのような淡白だが旨みを感じる新鮮な食材とマッチする。

17日の発表会を皮切りに、ニューヨーク州・ニュージャージー州・カリフォルニア州・ ハワイ州の4州限定で販売される。

■詳細:http://hyakumoku.jp/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  2. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  3. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  4. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...
  5. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る