第25回参議院議員通常選挙にともなう在外投票の実施について

第25回参議院議員通常選挙にともない、在外投票が以下の通り行われる。投票できるのは、申請に基づいて交付される在外選挙人証を持っている人。

選挙の日程(予定)
公示日       :令和元年7月4日(木)
在外公館投票の開始日:令和元年7月5日(金)
日本国内の投票日  :令和元年7月21日(日)

投票方法は3つあり、以下のいずれかの方法で投票が可能だ。

1.在外公館投票
日本大使館・総領事館(領事事務所)に出向いて投票する方法。
■投票期日:7月5日(金)から(予定)
     ※公館によって投票終了日が異なるので、事前に在外公館に要確認。
■投票時間:午前9時30分〜午後5時
■投票場所:在外公館投票を実施する日本国大使館、総領事館および領事事務所など
■持参すべき書類:在外選挙人証、旅券等の身分証明書

2.郵便等投票
事前に請求した投票用紙に記入し、選挙管理委員会へ郵送や国際宅配便で送付する方法。
■請求手続き:登録している選挙管理委員会に、請求書および選挙人証を送付する。請求書は、在外選挙人証とともに配った「在外投票の手引き」からコピーするか、外務省ホームページからダウンロード。
■必着:7月21日(日)(予定)の投票所閉鎖時刻(原則午後8時)

3.日本国内における投票
一時帰国した場合や、帰国後、国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(転入届提出後3カ月間)は、在外選挙人証を提示して、期日前投票、不在者投票、投票所における投票のいずれかの方法で投票できる。

なお、選挙公報や候補者情報については、公示後に各選挙管理委員会のホームページに掲載される(外務省ホームページにもリンクが設けられる)。

在外投票HP:https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/vote.html

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  2. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  3. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...
  4. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  5. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る