第25回参議院議員通常選挙にともなう在外投票の実施について

第25回参議院議員通常選挙にともない、在外投票が以下の通り行われる。投票できるのは、申請に基づいて交付される在外選挙人証を持っている人。

選挙の日程(予定)
公示日       :令和元年7月4日(木)
在外公館投票の開始日:令和元年7月5日(金)
日本国内の投票日  :令和元年7月21日(日)

投票方法は3つあり、以下のいずれかの方法で投票が可能だ。

1.在外公館投票
日本大使館・総領事館(領事事務所)に出向いて投票する方法。
■投票期日:7月5日(金)から(予定)
     ※公館によって投票終了日が異なるので、事前に在外公館に要確認。
■投票時間:午前9時30分〜午後5時
■投票場所:在外公館投票を実施する日本国大使館、総領事館および領事事務所など
■持参すべき書類:在外選挙人証、旅券等の身分証明書

2.郵便等投票
事前に請求した投票用紙に記入し、選挙管理委員会へ郵送や国際宅配便で送付する方法。
■請求手続き:登録している選挙管理委員会に、請求書および選挙人証を送付する。請求書は、在外選挙人証とともに配った「在外投票の手引き」からコピーするか、外務省ホームページからダウンロード。
■必着:7月21日(日)(予定)の投票所閉鎖時刻(原則午後8時)

3.日本国内における投票
一時帰国した場合や、帰国後、国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(転入届提出後3カ月間)は、在外選挙人証を提示して、期日前投票、不在者投票、投票所における投票のいずれかの方法で投票できる。

なお、選挙公報や候補者情報については、公示後に各選挙管理委員会のホームページに掲載される(外務省ホームページにもリンクが設けられる)。

在外投票HP:https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/vote.html

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る